FC2ブログ

ほねほね

3396

1年位前に描いた絵を再利用。
当時は右下にポーズも無視しようとスペース開けてて、
使われずじまいだったので、これを再利用。

同じ解像度で描くと気づくけど、
ちょうどこの絵を描くくらいまでの環境と
今の環境は違うんだなぁ。

近いうちに最低でもペンタブは買い替えると思います。

全てのツールに言えることだけど、
最低限過不足無しであってほしいよね。
別に助けてくれなくっても良いのだ。
アウトプットとしては、助けてくれなくても良い状態で
助けてもらうのが一番上等なのだろうけどね。

上書きだ!

3339

荒々しい上にエラーエラーした絵じゃあ
さすがに不安定過ぎる気もするので、
おんなじラフでも、エラーエラーしてない絵を
あげておくとしよう。

えぇえぇ、忘れてしまいましたとも

3488

元絵は12年の5月ごろの絵。

この絵、描いた当初から、絵としては
唯の走り書きの様な程度の物で、
実際当時としても、”上手”に描けたとは
思ってなかった、らしい。
でも当時の私はこの絵が『救い』となったと
言っていた、らしい。

何だろうね…w
元々記憶に目立って優れたものがないのだけれど、
以前は、描いた絵を見れば当時の感情は思い出せたし、
しゃべった内容は大体記憶しているわけです。

所がこうして昔の絵を見てみると、
何一つ覚えちゃいないし、思い出しもしないのです。

たまたま、絵を見てもらった時に、この絵について
しゃべった記憶が残ってるので、上記の”~らしい”と
書いてるわけなのです。

何だろうね、
20歳以降死に続けるという例の脳細胞のアレで、
いよいよ老化が顕在化しだしたのかしらん。
こういう”困らない所”から衰えていくのでしょうか。

幸い、今生きてて使ってるものや、使いたい所で困る劣化は
特に感じられないのだけれど、仮にいずれ訪れるのであるならば、
それはちょっと焦燥感にリンクさせなければならないのかもしれませんね。

なぞれやなぞれ

3487

例えば時間軸において、
自分を見て、どこからどこまでが自分かと
それを考えてみるのは面白いかも知れない。

少なくとも、描いた絵を見て、
何かしら忘れてる事があるならば、
それはもう他人が描いたのと変わらないじゃないか。

ふとそう思い立ちましたので、
自分の絵を引っ張りだして、せっせとなぞってみた。

トレス、なぞるってことは、文字通り軌跡を辿ることで、
普通大抵、機械的に指を動かすだけに留まらない。

色んな意図や、手癖何かが流れ込んでくる物のようで、
「忘れた自分はもう他人」というのは、言い得て妙であるな、
などと考えながらなぞったわけです。

引っ張り出した絵は、ちょうどイラスト絵から、
漫画絵にシフトしようと思った頃合いだったはずの絵。

ちょっと面白かったから、他にも描こうかなぁ。

続くよどこまでも

3485

咳がね

帰省すると、自分のパソコンが使えないから、
当然パソコンを使って絵を描くことが出来ない。
(パソコンの前に居ないとパソコンが使えないとは
何と不便な事でしょう!)

故郷の村に住む血族のチビどもに、
すっかり絵を描く人と認識されてしまったようで、
矢継ぎ早に描かされますので、
かえって手は動いてたりするから
面白いものです。

キャラクターもの(ミニオンみたいな)を要求されますので、
人形やら筆箱やらノートやらのを手本に、描くわけです。
キャラはまだ、オリジナルで描けるから良いのです。
問題はナンタラレンジャーのロボです。
線は多い、同じのを要求される、チビだから凝っても分からない、
とくれば、大体そのまま描くか(玩具の広告)、
「ちょっとカッコよくポーズ決めてみよう」などと
煽りながら、精々ガオーと両手をぐっとやるくらい。

ただ最近、小二少女からキャラクターもの以外に、
ドラゴンボールやらワンピースやらをねだられるようになってきました。
友達やらパパやらが好きだからとのことで、
ドラゴンボールなどは、私も幼少の頃、訓練を受けましたから、
ある程度は見ないで描けるわけです。
勿論見ても描けますから、見たまんまのも描きました。
最近のスーパーサイヤ人は髪の毛が青いようです。

ワンピースは大変だ。
キャラクター描くより、漫画絵の方がフィールドだから
良いのだけれど、ワンピースってシンプルな絵でいて、中々難しい。
しょうがないので、見たまんま描いた。

咳が出るので報告はこれまで。

ただし限りがございます。

3433

経験はとっても有用。
ただし人生には限りがございます。

昔は、考える事で足らずを埋めれば良いやと考えてました。
最近はそれでも追っつかないとでも感じているのか、
はたまた横着心からくるものかは定かでありませんが、
色んなこと根っこは同じ、と決めてかかって考えてたりもします。

例えば、絵って不思議な事に、唐突に描いてる感覚が
喪失しちゃう瞬間があるんですよね。
あるいは、気乗りがせずに手が動かなかったりするものです。
そんな時どうすれば良いのか。
命にかかわりそうでない限りは、頑張ればよかったりします。
取り合えず頑張る
経験論として、結果それが一番シンプルな手段と感じてます。

で、それを何に応用するのかというと、お話作り。
いつもいつでもお空からアイディアが降ってくるわけでもないし、
理論的にアイディアを分解再構築して新たなアイディアにするにしても、
常に推進力は発想頼みな所がどうしても出てくるわけです。
そういう分野ですからね。
私の目標は、沢山のお話を作る事ですから、
いずれ、あるいは早い段階でそうなるであろうことは
想像に難くありませんので、あれこれ考えてるわけなのであります。

取り合えず頑張る。
多分手段の一つになってくれる予感がありますよ。

凍ってる

3327
夕暮れ、帰りしな、
道端の水たまりが凍ってた。
1日日陰者だったんだろうか。
それにしたって寒すぎるでしょう。

帰ってきたもの

3325
さてさて、平衡感覚とともに帰ってきたものに、
デジャヴュがあります。

バロメーター的には、
私にとってデジャヴュは、悪夢と同じくらいに
体調と言うかバイオリズムの良しあしを測るのに
適当であると経験が語ります。
”見るほど悪い”のではなく”見るほどに好調”という感じ。

時々はこのブログで話題にしているのですが、
デジャヴュとはどのような物か。

まず、全くボンヤリとした感覚ではありません。
あれぇ?こんな事前にもあったようなぁ…って程度ではなく、
強烈な違和感、否、一致感と申しましょうか。
ビシャーときます。
で当然、一度起こった事をもう一度見るわけですから、
次目の前の人が何をしゃべるかが前もって頭の中に響くし、
それを「ああ、デジャヴュなんだな」って聞いてるもう一人の自分が居る、
そして目の前にその過去が流れるのを待つ、
実際に脳内の流れが目の前で再生される、そんな感じ。

ズレ

3323
感覚でだとデフォルメキャラなんだけど、
言葉で5頭身って書くと、絵柄の1個なレベルもするし。

機械

3261

電動にしてまず感激したのは歯ブラシ。
あれは学生の頃だったろうか。

もっと最近で感動したのはロボット掃除機。
スティック掃除機を導入してたから、
欲しいけど代替出来てるよねってちょっと思ってた。
全然違ったよね。
そう、多分三種の神器を手に入れて、
洗濯という重労働から解放されたのと
同じくらいの感激なんじゃないかしらん?

いや冷静に考えると、
洗濯は重労働とか命を削るって言葉を耳にした事はあっても、
掃除が命を削るって話は聞いたこと無いので、
本当に比較すると多分洗濯機の方が
衝撃度は上だったんだろうなって思う。

まぁ良いのさ。
私個人としては、掃除も皿洗いも別に嫌いじゃないんだ。
家事で嫌いなのは洗濯が終わってから以降だから。
それから完全に開放されるのはまだ未来を待つ必要があるみたい?

選択

3223

暑いのも好きだけど
どちらか選ぶなら寒い方が良いかな。
厚着はデメリットが勝るけどね。
おまけに太平洋側の冬は乾燥が酷いから乾燥肌にはつらいしね。
だから体調的には暑い方が良い気もするんだけど、
なんだろう、空気感が好きなんだね。
寒くなっていく感じとか、暗くなってくる感じとか。

冬生まれのサガなのでしょうか。

準備できてるの?帽子は?

3220

種も仕掛けもございませんとばかりに得意げに。

されど結局ブーツ履くので”何時でもOK”とは参りませぬようで。

3195
フィクションな風景はこのキャラ達に現状お任せ中。
ある程度バックボーンのある世界観だから、
具体的に考える背景が世界観を埋め
埋められた世界観が背景を生みって感じになりそうで
描いてて割と楽しい。
楽しいならもっと丁寧に描きなよって?
そいつぁ野暮ってもんですぜ。

寝たら育った

3194
睡眠時間の増加がもたらしたか否かは不明だけど、
最近、爪が固くなったみたい。
生来爪が柔らかい方で、デコピンとかも
痛くてできない程度の柔らか爪だったんだけど、
最近不思議と手足共に固くなってるみたいだ。
睡眠時間自体が六時間程度になったのは
ティーンネイジャー位からなので、
それ以前の豊富な睡眠時間と結びつかないのは
成長期前後の差なのか、
はたまた別の因果関係が隠れるのか。

ワンディ

3170
昨年よりは間違いなく忙しくないので、
どうにもならないというわけでは無いのだけれど、
睡眠時間を増やした影響が如実に表れております。
近いうちに是正は済むとは思っていますが。

とりあえずはしようがないので、
文章の形でせっせとストックを作っております。
例えばこんな感じに。
タイトルからの連想系なのでそんな感じ。



”LRP -Ghost Cost Coast-”


世界、灰色、蛍光色のないネオンカラー、点滅、点灯、
街頭を眩しく眺める路地裏。

気配を感じ振り返る。
 ―映像に気配なんてないのに。

意識《錯覚》、倒錯《空間》、交錯《世界》、
私はただ坂を下る。

爆発的なリアリティが圧倒してくる。
「錯覚なんかじゃない!」
おなかの奥がぞわっとなる感じ。
振り向けと私を急かす衝動。
―以下略


こんな感じ。

たのし

3020
使う使わないは知らずとも、
キャラの年齢バーを上下させてみるのは楽しい。
あーこんな風になりそうだねぇとか、
こんなことがあって年を取ったろうみたいに
想像が働くのは愉快だ。

頭の中で鮮明に映像イメージが浮かぶ人間は
きっと絵なんて描かなくてもよくって、
そうじゃない人ほど絵をたしなむべきなのでしょう。。
まず図を描きなさいとかグラフ化しなさいってのときっと同じ。
だから私にとって絵は有用だし気に入ってる手段なのです。
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ