FC2ブログ

リセット!

3380

やってしまった!
10連休堪能してしまった。

堪能したから良いのだけれど、
絵・創作系も人生の大事なパーツなので、
気分的にはあれですね。
長期休暇の宿題をサボった感じ。

私は十分大人で、意図的に予定に組み込まなかったので、
宿題をサボったより性質悪いのかも知れません。

またまたやること増やしちゃったしなー。

頑張るます。

濃淡

3371

色塗りはあまりレベルを上げれていませんが、
今の所、コントラスト利かす塗り方が好き。

勿論好みもあるけど、好みで言うなら、
淡いのとかボンヤリしたのも結構好き。

では何故かと聞かれると、
この絵を、例えばちゃんと一枚絵として描く場合、
全体的に色味を加えたりシフトしたり、
背景色と混ぜたりしそうだからじゃあないでしょうか。

そうした場合にも、ある程度パッキリ感が欲しくなりそうなので、
大抵はこんな塗り方してるのでしょう。
簡単なのも、設定的なニュアンスの絵に合うしね。

色塗りはこの段階が一番時間を食う。
最初に時間かければ、あと楽できるのは
デジタルの良い所なんだろうけど。

ジョグ

3370

病み上がりの弱った足腰を鍛えなおす為に、
前に描いた絵にチマチマ色を塗りだしてみてます。

トーウン

3308

描いてて気になる違和感は無くなってきた気がするので、
漫画成分増加計画を再開していけたらなぁと思います。

一番痛い

3475

二つほど考えてる長編を
ちょこちょこ考えてるですが、
中々腰を据えてドーンとやれないので、
しようがなく並行して、一行ストーリーを量産中です。

最近不覚にも、創作脳が仕事脳とかに
侵食され気味でしたので、
早く真人間から駄目人間に戻りたいです。

パラパラ

3470
キャラ色一通りおしまい。

色のない絵に色をおくとやっぱり変なので、

3471 
色取っておしまい。

実は今回ちょこちょこ描いてる絵は、
過去記事に登場した絵の連作で、
これまで描く度に連続っぽい事をアピールしてたので、

3472 

パラパラGifにしておしまい。
動いてなかったら、画像クリックしてくれたら
動くんじゃないかな。

おしまい、おしまい、おしまい。

チカチカ

3469
髪の毛の色だけ置いておいても、後々資料にならないので
ちょっと色を埋めていっています。

人それぞれとは思うけど、線を描くよりは色を塗る方が楽しい。

普通の一枚絵とかだと、どうしてもキャラを増やしても、
全体の絵としての配置をしちゃうし、それは色も一緒だったり。

だから集合絵の雑多な感じが好き。
目はチカチカしてくるけれど…w

八分方

3468 
やっぱり喉は駄目なようで、
きっちり一週間は治るのにかかってしまった。

強制想像

3467

ウィルスに侵入された。喉に。

元々喉は弱い方ではなかったのだけれど、
何年か前に風邪を拗らせて、
半年ほど軽い喘息をやってしまった結果、
弱い方では無いと言えなくなってしまった。

そんなわけで、熱が出る程度で無いにも関わらず、
喉は炎症を起こしている。
熱が出ない程度に反応してるのは、
炎症に気分を害される事を除けば、
悪い事ではないと思ってる。
まだ大した勢力でないタイミングで
侵入をキャッチできているのだから。

夜も葛根湯を飲んでも良いかも知れないけれど、
一度飲んでえらい目にあった経験があるので、
余程でない限り夜は飲みたくない。
だから真冬の恰好で疑似的に熱モードですごしてる。

勿論あんまり気分はよくない。
頭はふらふらする。おでこは冷たいままだ。

頭がふらふらだと、全く自然に、絵の続きも思い浮かばない。

勿論面白い状況じゃない。
ただし全く幸いな事に、私は私を騙す術を得ている。

私のようにあまりレイヤーを分けないタイプは、
例えばこの絵のように髪の毛から塗るべきじゃあない。
奥から塗っていった方がはみ出しを気にしなくて済む
箇所が増えるからだ。

でもこうして髪の毛に色がついてきて、肌が白いままだと
自然と、肌の色はこうだからと脳味噌が考え出す。

何でもそうなんだけど、最初が一番抵抗が大きくて、
動き出してしまえば慣性が働く、自然の摂理だ。

脳味噌も自然の一味だから、
勿論自然の摂理に従ってくれる。

ラッキーなことだよね。


ぷちんぷちん

3465
今日は何だか集中力が一時間ごとくらいに
切れる感じだった。なんだかなー。

加速する

3464

その日に6キャラ一気に描くのと、
日を開けて計6キャラ描くのとでは、
やっぱりかかる時間が違うんだね。

チマチマといっても、パソコンで描くから、
拡大しちゃうんだね。
だから10分なんてあっという間さ。

timatima

3463

割かしチマチマした作業は好きだったりします。

左側も勿論埋めたのですが、ちょいとさすがに未来に
無茶ぶりすぎた気がしたのでバッサリ消して、
そのままほったらかしてました。

だもんで、先に他の所を綺麗にしてりゃ
何か思いつくであろうと言う流れですね。

言葉

3417

目の前の甥っ子をしげしげと観察する。
生まれてからもうじき半年になろうかという年頃だ。
ハイハイもどきでイゴイゴしてるので、
もうしばらくもすれば動き回るようになるのだろう。
しぐさや視線に意図を感じる時がある。
泣いて飲んで出すだけの生物はそろそろ卒業らしい。
話を聞いてる風な顔をしたり、
時々あーやらうーやら言うので、
何かしらのコミュニケーションを取り出してるのかもしれない。
ただし、言葉に関してはしゃべりだすのに随分個人差があるらしいので、
いつ”あー”やら”うー”の次段階に行くのか知れない。
しゃべりだすのに三年かかる人もいれば、
私のようにハイハイする頃にはペラペラしゃべってた人もいるので、
赤子~幼児という子育て期の時間間隔で見てみると
バラつきは確かに大きく感じる。

つまりは創作。
創作活動の行きつく先、
あるいは原初はコミュニケーションであろうから、
目の前の未だコミュニケーションがままならぬ
物体を眺めながら(つつきながら)、
それについて考えた履歴は、
きっと創作で役立つことでしょう。

カーム

3411 

多分、技術が至らないせいなんだと思うんだけど、
体調とかじゃなくって唐突に何だか
絵の調子が悪くなる時がある。
昨日などはまさにそうで、
そういう時に絵を描いてると神経がささくれ立つ感じで、
勿論、あんまり気分はよくない。
ただ、後から見るとそういう時の絵ほど
何だか自分の生の実力が見られる感じがするので、
我慢して記録として残るようにしてる。
大抵は寝て起きたら治ってるしね。

ただ今日は続いた。
しょうがないので、せめて丁寧に描くことにしたってわけ。

ガンバリマース。

唯、雨の降る如く

3402

雨の上がった空気が好き。
まるで空気がシャワーを浴びた様で好き。

タンボまみれのイナカはカエルまみれ。
雨上がりの道は蛙まみれ死骸まみれ。
生臭いのはサイテーだ。

夕立ちは好き、せっかちな入道雲の動きも、
ゴロゴロ準備をしている音も割と好き。
降り始めのリズムも、雨の音で空間が埋まっていくのも好き。
上がった後のムッと地面から反射されるにおいも好き。

傘が嫌い。合羽が嫌い。雨に濡れた非日常な髪の毛はちょっと好き。
でも雨に濡れてぺったんこになっている髪の毛は嫌い。

また雨が降る。
ただ、雨の降る如く、私も動いてる。
ごきげんよう。

ネコ

3386
故郷に帰る際の密やかな楽しみの一つに、
動物がある。
大体どの家にも犬か猫がいて、
どちらも好きな人間にとって嬉しい環境なのだ。

私は犬は多少知っているのだけれど、
猫は飼った事無いので詳しくない。
だから例えば、目の前の猫が猫の中でどのくらい賢いとかは
検討が付かない。

弟の所には黒猫が居るのだけれど、
どうにも利口であるように思える。
玄関にお出迎えしてくれる所などは、
愛らしいと思えるが、これは賢さというよりは
愛嬌の問題である気もする。
ただし押し入れを開けてくれと要求してきたり、
その中には玩具がしまってあって、
それで遊んでくりゃれと要求するさまは、
どうにも賢いように思えてならない。
私が遭遇してきた猫…例えば両親の生家には
それぞれ猫が居る・居たことがあるのだけれど、
きゃつらは愛嬌どころかその姿さえ
表さないタイプの猫であった。

例えば実家のシェルティなども
お気に入りの玩具で気を引こうとするし、
遊んでくれと持ってくる。
けれど、彼女の場合は特別に利口ではないせいか、
単に性格の問題であるのか、持ってくるは良いけど、
こっちに渡す前に、気分が高まっちゃって
一人遊びを初めてしまう。
その一人で首をブルンブルンしてる姿からは
特別に知性を感じる事は難しい。

だから目の前の他人(つまりは私)に物事を要求する姿や、
赤ん坊に遠慮して接したり、
赤ん坊が泣いた際には自分の玩具を持ってきて
機嫌を取ろうとするエピソードなどを聞くと
やはりどうにも賢さを感じてならないけど、
それが種族特性なのか、個体の能力なのかは判別が付かない。



カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ