FC2ブログ

変な人たち

2043

物語の舞台の世界ではスタート時から数十年前より
大陸中央部においての変化が始まり。
世界が緩やかに変わり始める。
目に見える範囲ではそれまで見かけなかった生物が出始めた。
人々にとって世界はその全てが姿を現しているわけではないため、
突如現れた物なのか、それまで見たことがなかっただけなのかの区別は付かず、
目に見える範囲でさえその曖昧さであるため、世界の変化に気づくのは難しかった。

しばらくすると、強大化した生物が姿を見せ始め、人々に被害が出始める。
時を同じくして、人々の(実際には既存の生物全ての)中にも変化が見られ始める。
あたかも強大化した生物に対抗するかのように力を持った人間が現れだす。
主に新世代に多く現れるが、既存の人々の中にも変化が訪れた者も存在する。

更に時間が経過し、怪物の中にある程度の生態系が形成される。
その生態系に人間も組み込まれてしまったため、否応無く生存競争にさらされる。

中央の国は領地争いが存在し、人々の間でも紛争が絶えなかったため、
国としての軍事力は比較的高いものがあった。
中でもひとつの国が大きな力を保有しており、領土争いは小休止となっていたが、
怪物への対応によってバランスが崩れ始め、人vs人、怪物vs人、怪物vs怪物の
混沌状態に陥る。

力を持った人々の発掘育成、そして配置が重要な要素となる。
対モンスター用の集団もある程度組織されていく。

一時三国間で戦争状態になるが、やがてバランスが形成されこう着状態へとなる。
バランスは人とモンスター全てに為された為、混乱状態は収束。

周辺諸国への影響を考慮して、怪物騒動に関しては国内に留め置くよう努められた。
怪物の生態圏の広がりは休止傾向であり、
漏れでた噂は噂の域以上の混乱を生むことはなかった。

十年あまりの拮抗状態の後、再度バランスが崩れる。
小康状態に陥っていた怪物生態圏の広まりが再び始まったのだった。

中央ではある程度怪物への研究が進んでおり、
行動パターンや、種族間の関係性等はある程度確定している。
基本的に人を襲う種は捕食が目的であるが、
中には自身の快楽の為に人を狩る種も見られる。
基本的には”どこからともなく”現れたように見られ、
学者の中には人が怪物化するのではと危惧するものも居たが、
現状そのような事象は発見されていない。
ただし、怪物の中には菌か毒かは確定されていないが、
保有する何らかの物が人体に入った際に、
ゾンビウィルスのように人間を変容してしまう物は存在する。
また怪物と人との間の異種交配は確認されていない。
(強靭化した人類への解答に怪物の血を求めたが否定された形)
怪物の数に比例して強い人も多く現れたため、
何らかの関連性は見られると考えられているが答えを得るには至っていない状況。

そんなヘンテコな化け物にヘンテコな強い人たちが戦うお話。
そうした背景の中、西方の田舎国に怪物生態圏が伸び始めた所から物語はスタートする。
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ