FC2ブログ

カタリーナ

3453

今日はお話をする約束だったって?
ごめんなさゃーね、先生、何だかてゃーふうの対応で
疲れちゃったでよ。

晴朗なれど

3452
全く語っても良い夜だけれども…
今日はやめておこう。

あばあば

3450

線が暴れてないだけよしと思わなくてはね?

夜も更けた

3449
話のネタは尽きないが――
今日はやめておこう。

空白また空白

3448

なるべくシレっとしてるのが好きなんだけど、
流石にちょっと空白に過ぎたと言わざるを得ないので、
バランスを取るべく努めようかなとも思いますです。

殺人光線

3447

真夏の日光は殺人光線。
ジメジメ雑菌まとめて殺菌。

ジャンル

3442
家にあった本の影響から、SFは好きなジャンルの一つ。
好きであるので、当然いつかは自分でとも思ってるわけです。

そのため、全く普通に生きているよりは、
多少科学知識に意識を向けるようにしておりますが、
たった今というわけでないわけで、調べるとかまでには至っておりません。

新しめの情報といったら、そうですね、あれだ、
ちょっと前に発見された『ヒッグス粒子』。
ただし、SFのネタとして考えるなら、ヒッグス粒子自体は
多分50年から昔の理論で、最新ネタ、というわけには行かないのです。
ちなみに素人知識で知らない人に説明すると、
ヒッグス粒子とは、存在してれば色々説明付くことがあるのに…
という感じで探され続けてた、見つけづらい粒子さんです。
見つかって何の得があるかって言うと、重さ…物の質量の説明が
付くやつかないやって話だったはずです。
もう少し突っ込むと、重さって何じゃと言われると、
「動かしにくさなんじゃない?」って考え方があって、
これは例えば日常生活でも想像しやすいですね。
重たいタンスの模様替えは大変なのです。

「模様替えが大変なのは摩擦のせいであり、摩擦は静電気力である」
高校の時の理科の先生の言葉が聞こえてきました。
私の頭の中には、今まで出会ってきた色んな人がボンヤリ住んでいて、
こうして時々セリフをのたまうのです。
いやいや、と反論したくなるけど、摩擦はともかくとして、
引力と質量を一緒にするのは乱暴なのかもしれないと、
頭の中で口をつぐむ。

うーむ。。
人の頭に勝手に済むのは構わないけど、
水を差すのってどうなんでしょうね?

あれ、この理屈はおかしいか…w

いずれにせよ、SF作家などは、最新の理論何かをせっせと追ってるはずで、
大変な事でしょうねぇ。
例えば、ちょっとその方面をかじろうとすると出てまいります、
”相対性理論”とか”量子なんちゃら”とかも、100年から昔の理論ですからね。
やっぱり大変なことでしょうねぇ。

どんなわけか知りませんけど、そんなわけで、
喫緊の題目ではないけど、SFに関してもいくつか考えてるものがあります。
一つは、アンドロイドをモチーフに大河的な話。
一つは、タイムリープじゃない時間モノ。これは叙述トリックも考えてるけど、
それがマンガ的なイメージに変換出来たら、色々一気にできそうな予感。
やりたいとなったら、スペースオペラも一度はやってみたい。

ネタも準備も少しずつちゃんと進んでるけど、
画力はちょっと誤算じゃないけど、要求はあるなあ。
どうしたもんじゃろね。





3438

皆さんはヒマワリってどうですか?
私はヒマワリの存在の事を、セミの声と同じ程度に
好ましいものだと感じてます。

夏と言えば?と言う問いがあれば、
ニュードーグモ!スイカ!セミ!とかと同じ頻度を持つほどに、
ヒマワリ!はその存在感があるのではないでしょうか?

さて、そういった風物的な観点を除けば、
私はセミと同様にヒマワリという花を全く好きではありません。
セミ好きの人には申し訳ないけど、
セミって怖いじゃないですか。飛ぶし。

ヒマワリも嫌いっていうか怖いんですよね。
何かでかいし、中心からボロボロ無限に種出てくるし。
特にあのふとましさが、何ていうか生々しいんですよね。
あの生々しさからくる存在感が怖い。


ノウハウ

3430 
そーでした、そうでした。
雑に下書き描くと、上書きする自分が泣くんだった。

何で丁寧に描くようになったのかすっかり忘れてた。

覚えてられる事

3429
すごいなぁ。今回体の構造を無視して
適当な位置に五体を配置したのですが、
ちゃんとずっと違和感だね。
ちゃんとしられって事だね。
怖いね。

「歌なら覚えられるのに」
小学二年生のボヤキに思わず笑ってしまった。
私も丁度似たような年ごろにぼやいた事があったからだ。

私の記憶能力は贔屓目に見積もっても、十人並み。
極端に困ることは無いし、
何でもかんでもは覚えられてないし、
勿論、一度聞いた事は一言一句漏らさないことはない。
ちゃんと聞いた瞬間から割合が下がっていく。

――物事を記憶するのって大変――

記憶力良い人ってちょっと変ですもんね。
「英語なんて簡単じゃない、教科書丸暗記すれば点取れるんだからさ」
そう言われたとき、私は笑うしかありませんでした。

その点、歌って確かに覚えやすい。丸暗記しちゃうよ。
覚えやすいのが、生物の持つ力なのか、遺伝子の問題なのかはわかりません。
少なくとも私と、私と幾らかは遺伝子を同じくするチビとは
お歌が覚えやすいようです。
まず、覚えやすいし、一度覚えた歌ってあまり忘れない。
歌ってすぐ数が増えてしまうから、知ってる歌となると、
1000曲を超えてしまうわけで、
対抗心燃やし、本だって1000冊読んだよ!って言えても、
全部概要言えるよ!とはなりませんので、
中々人の持つ特性というのは難しいもののようです。

サーリィミニツ

3415

大体スカスカだけど、
たまにはパソコンの調子が悪くて
復旧時間分マイナスでスカスカって時だってあるのさ。

パソコンが悪いのか、ワコムのドライバーが悪いのか
微妙な所だとは思うのですが、
いつもの事なので…
30分くらいどうでしょう、
人生そんなに急いでどこに行く…
私はどうにもそういう風には思えませんねぇ。
焦燥感に苛まれてるわけでもないのですが、
悪い傾向とも思えないので、
今はその熱で心を燻しております。
いぶし銀です。

コントロール

3413

そりゃあ、絵は色がある方が上等だとは思うけど、
多分、幼少の頃のお絵かきは鉛筆メインで
色鉛筆とかはあんまり使ってなかったんじゃないかしらん。
漫画絵である以外にもそういう理由がある気がするね。
私があんまり色塗らないのは。
イメージの為に色を置く程度なら
デジタルならあっという間なのにね。

他の人はうまくやれるんだろうけど、
私の脳味噌は、人格と創造の部分が
どうやら密接に絡み合ってるらしくて、
中々どうして難しい。
上手くやれればよいのだろうけどね。

あばれるゥ

3410
せせせせんがあああばばあばれるるるぅるる

思ってるよりずっと描いてたんじゃないかな

4
この絵はこのブログで最も古い日付の絵だ。
大抵は比較の為に描くんだけど、
今回ばかりはイタズラ心オンリーで今の絵で描くと
3406
こうなった。
良くも悪くもすっかり漫画絵になったのだなぁと思う。
もう少し漫画絵が自在になれば、
またイラスト絵も描けるんじゃないかな。

まぁ、今の絵はどうでもよくって、昔の絵。
ブログスタートの頃で、12年前の絵です。
12年前っちゃあ、普通に学生だったんだねぇ。
いや、12って数字は割と大きいから当たり前かな…w

何ていうか初めて客観的に自分の絵を見た気がする。
初めてというか、何でしょう、
客観的な視点にも、あくまで自分の頭の中にある客観と、
また少し違って他人的な客観があるというべきだろうか。

で、まず最初に思った感想は、
「あれ、何でこんなに絵が描けてるんだ?」という事。

この言葉、最も使われるのは自画自賛かもしれないけど、
勿論そうじゃない。
例えば、これで私が美術部でした~とか、
学校では絵を描くキャラでいつも何か描いてましたとかなら、
バックボーンがあるから、この程度描けるのは不思議じゃない。
例えば、私が天才なら最初からなぜか描けちゃいましたてへぺろ
って感じかもしれないけど、私の才は私がよく知ってる。

うーん、多分だけど私は私が思ってる以上に
絵を描いてたんじゃないかな?
私の記憶にあるティーンネイジャー期って、
何せ運動部だったし、本も読みまくってたし、
中学の頃の隣村の親友が別の高校に行ったら、
夜中に呼び出しまくってくるしとかで、
まーそれで充分時間は無かったろうと思ってた。

とにかく小説は沢山読んでたんだ。
例えば、赤川次郎っていう作家がいてはるんだけど、
10代半ばの頃合いだったかな?
図書館で借りた本、タイトルも覚えてるんだけど、
その本がすごくよかったので、
母親の伝手で何かその人の作品を借りて、
その一通りをひと月で全部読んだりと何せ、せっせと読んでた。
赤川次郎はその時以来読んでないけど、まだ現役なんだろうか?
図書室で借りた本は年間100冊とかで、
学校中に晒しものにされたから、今でもその数を覚えてるわけだけど、
それに図書館と、そういう人伝いに借りるのもあったりで、
平均よりは読んでるほうと言えるんじゃないかな、
人がどれだけ読んでるか知らないから多分だけど…w

何せこれに、漫画まで読まされてたからたまらない。
何か私の周囲に居た人々は、親切心が肥大してたんじゃないかな?
何せ無茶な貸し方をしてくれるんだよね。
1週間に紙袋一杯とかだから、今個人で買う年に数冊のペースから見れば、
ちょっと度が過ぎてると今なら言うね。
当時はそれが標準だったから気にしたことなかったけど。
何せ自分で漫画を買う習慣もあまりなかったしで、
借りる漫画の新鮮で面白い事と言ったらなかったしね。

更に問題がラノベ。この間ちょっと話題に出した気もするけど、
高校生の時くらいにはラノベ好きの人が二人くらいだったかな?
その方々がこれまたせっせと貸してくれるわけ。
正直言って、ラノベを初めて読んだときびっくりしたんだよね。
小説なのに挿絵があるし、それも何かイラスト的で良い感じだし、
何かファンタジックな内容だったりで、これまた新鮮さに虜、ですよ。
数も多くて、結構読んだんじゃないかなぁ。

で、部活は朝練夕錬ある運動部だったから割と時間は取られたよねぇ。
で、多分普通に友達とせっせと遊んでたから、
それで大体の時間はつぶれてたと思ってたわけ。

でも多分、描いてたね。小さいころ従兄に刷り込まれた、
『絵を描いて遊ぶ』っていう習慣が知らず残ってたんじゃないかな?

過去からの経験値が思ってたより有ったはあったで良いんだけど、
ただいずれにせよ、練習というか訓練はしてないんだよなぁ。
人の練習絵のブログとか見てると、何かそれなりのセオリーというか、
基本的ッぽい事、皆やってんだよね。
人間の全身の輪郭描きまくってみたりとか、
骨組み抜き出して描いてみたりとか、etc。
ちょくちょく言ってるけど、やっぱりこれには多少の
劣等感を感じないではないんだよね。
我流って何かオリジナリティ信仰的な視点のおかげか、
言うほどに悪いイメージがない気もするけど、
普通に考えれば、複数の人間の継承してるものと、
一人の知恵、どっちで勝負しますかというお話なわけだす。

ブログ作って絵を練習しだした当初は、
そこまで考えが至らなかったから、
適当に考えてきゃボチボチ描けるようになるでしょうと
ボンヤリ思ってたんじゃないかなぁ。
しようがないなあ。

話作りの方は、色々見えてきそうなものが見えてきたので、
絵の方にもまた、少し注力をしてもいんだけどね。
やらないのは、少しばかりの劣等感では
必要と感じてない状態を覆すほどのパワーは無いって事なんだろうね。

腰よ、お前もか

3399
結局、首だけじゃなくって、腰も痛くなった。
あばらがおしまいになる当たりから
腰に向かう付近だから、これまた厳密には
よくある腰痛とは違うかもしれないけど、まぁ良いでしょう。
とにかく、肩こり腰痛じゃあこれはえらい事だと、
獣のように寝て、体力満タンになったのもつかの間、
皆々様の奮闘も及ばず、一週間遅れでやってきたヤツらを
まとめあげるためにぶっ通しでモニターとにらめっこの結果、
私の体力はあっという間に空っぽになってしまったウィークエンド。

期限

3397
人間って面白いもので、
期限が迫って初めてやる気が起きたりするものだったりするようです。

私も学生の頃は宿題が大の苦手でしたので、
そうした気分は実に理解できるものだったりします。

そういう気質ですが、提出物は意外と期限前の
早い目に出す方だったりもします、大人ですからね。

自分が出す分にはそれで済みますが、
まとめる側になりますと、色んな人を相手にするわけで、
そうすると冒頭の通りの人も…
いえ、はっきり申しましょう、そんな人ばっかです…w
二割くらいですね、早い人は。
びっくりするくらい打てど響かぬ人の多き事。

私の今週の予定から逆算すると、
どう考えても期日である先週末に全て出そろってないと…
いえ、出そろっていても微妙なラインでありますのに、
本日過ぎても全くダメとはどういう了見でありましょう!

私は長生きしたいのですが、
長生きするにはストレスが大敵と思っておりまして、
こういう時には、自分の性格で助かるなぁと思うわけです。
どうにもいかんなぁとボンヤリ思う位で
ヤキモキとかしてストレスがたまるタイプでないのは
救いであると言えるのではないでしょうか?

何でも早い目の方がお互いハッピーだと思うんですけど、
ここで冒頭に再度戻るのでしょう、アーメン。

インク

3395
何だか薄くなってしまったので…

3396
濃いマジックでゴシゴシと…フルデジタルですが。

あんまりこういう稽古をやってないので、
真面目に鍛錬に励んでいる人からすれば、
「だから―」と言われましょうが、
マンガの場合は幸いにも必要になった際に学ぶか、
もしくは構図が違っても手本…すなわち資料さえあれば、
後はそれをもとに欲しい角度の絵を想像して描けば済むので―
と言えば、何を言い訳を言うと
「そんな甘い考えだから」と言葉を重ねられそうです。

こわやこわや。

モラ・イモノ

3390
比較的モノをもらったりする方だ。
フィーリングとしてはバリエーションもある。
参考になり得るもの、同じくするもの、違うもの。
例えば原色な色使いの服。
私は原色を使えない人だから、
自分では確実に買わないので、
そういう縁か因果かで手元に来たそれは
中々にうれしい。

絵どころか例えばエクセルですら原色を使えないので、
絵に原色を使ってたら、結構意識を入れてたりします。

穴あき手袋

3383
いかなラクガキと言えども、
ちょいと没入して紙を埋める作業をやってしまえば、
一時間は夢のまた夢であります。
あっという間の消耗です。

消耗と言えば、絵を描くときに白い綿手袋を履いてます。
何でつけてるのと聞かれれば、
それっぽいでしょう?と答えますが、
実際にはペンタブレットの間の摩擦に対するためだったりします。
防寒手袋は穴が開いて捨てる事なんてないと思いますが、
絵用の綿手袋は穴が開きます。
私の場合は中指の所に穴が開きます。
普通に字を書いてるときに中指の爪とか皮膚に
何かあったことは無いと思いますので、これは大変な事だと思ってます。



みるます

3368
描く時間を見る時間に使ってしまった。

ウェザードと宣託の騎士

3366
洗濯機が既にそうであるように
少なくとも私の生活において、
ロボット掃除機とウォシュレットは
今や無くてはならない文明の利器だ。

今の音声入力デバイスはそうなりえるか?
将来性は大いにあるように感じる。
少なくとも液晶画面をナゼナゼ撫ぜる
入力方式は実につまらない。
噂に聞く、公衆電話でポケベルに向かって
数字で文章を送ってたのと同じ匂いを感じる。

勿論音声はベストであったりしないのは明白だろう。
人は言葉のみでコミニケーションをするにあらずだからだ。
シェアの観点から言って次にリンクされるのはなんだろうね。
残りの五感?それとも体験かな?
私は体験だと感じる。
経験は既にリンクされている。
体験もそう遠くない未来だと思う。
その次は何だろう?
感情なんじゃないかな。
その次は?
駄目だ、イメージが発散してしまう。

未来予想は賢い人に任せれば良いか。
私は得意の空想で頑張ろう。

3359
春眠暁を覚え…

寒い時代

3357
もうもう少し暖かくても良い気がしますよねぇ。
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ