FC2ブログ

がっつりファンタジー

556:マッチ片手に

個人的にちびっこい妖精を描くなら、
虫の羽じゃなく機械的な羽にしたいと思ったので描いてみた。
でもってどうせ人間として造詣してあるんだから
黒目たっぷりな良くある眼じゃなくってちゃんと
白目をつけました。

白目は平和の証ですからね。

誓います

555:神妙に

なんとなくこいつの相手が美女っぽいのは
定型的イメージがあるからでしょうか。

553:さあ輪になって

和って雰囲気は好きです。
日本人ですからね。
なのに何故に絵はViolinなのかって?
絵と文章が違うのはいつものことだからです。

最近古めかしい言い回しや歌の響きに
耳を奪われることが多く、
日本人のDNAって存在を考えてしまう。
どこまでも後付ですんでしまう
リアルがあるかもしれませんけどね。

最初に長々ダラダラいつもどおり書いてみたんですが、
今日は許せんかったので追記に移動させました。
長話は好きだけどまどろっこしいのは本当は嫌いです。
だから文章も実を言うとダラダラしたくないんだけど、
(別に普段の生活がキビキビしてるというわけではない
勘違いしてはならない)
このブログではなるべく自分拡張を夢見てやってるので、
いやだなーと思うことや敬遠してる事柄に
ちょっとづつチャレンジしてます。

more...

騎乗の人

552

ランダムな線で絵を構成できるようになりたいと
常々思っています。
けして丁寧に線をそろえたり
塗りつぶしたりするのが面倒だってわけではなく。

551:するり

細身なのはテレビで見かけたDAIGOの残像が
残っていたからです。

そして時間へ…

550:木の股よりいでし

十拳の剣の剣を見やりながら、
相談に耳を傾けている神の図。
真面目に聞くし真面目に答えるのだが、
男女関係の相談が多いので、
大抵は
木の股から生まれたからわからんなぁとしか
答えていない。
でも相談は絶えることが無いようだ。

同じ乱線、つまり規則正しく無い線でも、
一時間もかけてやればこんな感じの絵になる。
本当は一段落した時点では四十分だったんだけど、
(これはBGMの曲数が丁度10だったので概算だ)
せっかくなので一時間たつまでいじった。
消しゴムをなるたけ使わない足し算の描き方でも、
イメージを持ってれば何とか形になるようになってきた?

ただ”みずら”をかきたかっただけなんだけど、
せっかくなので今読んでる
口語訳古事記のイメージを組み込んでみた。

この古事記、三百ページ程度の単行本なんだけど、
その半分以上が解説に使われている。
中身見ずに買ってきたので、
読むとき最初げんなりしたんだけど、
いざ読んでみると解説のほうが面白かったりするから
わからないものだ。
わたくしとしては珍しく、
一日10分アベレージ程度で読んでいるので、
まだ読めてしまっていない。
寝るぎりぎり前に読み始めることが多いのも原因だろうけれど。

知らない人がいると可哀想なので一応付け加えておくと、
みずらってのは髪型の名前です。
わっかを耳の辺りでつくる
いかにも古代なイメージのあれだ。

想像を語ろう。
多分その頃のみずらって
今の髪型が千差万別であるように、
いろんな形があったんだと思ってる。
かっちりわっか。
わっかの下垂らす。
わっかふやす、等々。
仮にその髪型が当時の正装だとしても、
多分結構いい加減に色々あったんじゃないかな。
礼儀作法とかは文化とか支配階級の立場向上とか
いろんな意図があって作られたものだろうから、
古代生活ではそんな髪型はこれじゃないとダメーとか
これとこれとこれじゃないとあきませんなんてのは
無かったと思うのが自然じゃないですか。

作法とかも歴史によって権威を持っているけれど、
人間が必要性をもって作ってきたものなんだから、
実際問題は作法自体はえらくもなんともないんだ。
勿論歴史ってのは巻き戻せないものだからこそ
そこに権威を感じてしまうんだけどね。
あの皿がチマチマ運ばれてくる形式のテーブルに座ったとき、
並べられたナイフフォークにびびったりするのもそれだ。

かたっくるしいしめんどくさいしえらそうだし
全然いいイメージが無い礼儀作法。
でも無かったら大変だ。
スープを手でびちゃびちゃすくって飲んだり、
いきなり猫マンマ作り出したり、
机の上にこぼれたものを
口で犬のようにぺちゃぺちゃ食べたりしたら
えらいことである。
だから礼儀作法は偉大なのだ。
勿論ない世界だとそもそもそういう動作自体
大変だと思わないだろうし、
文化の違いによって綺麗きたないの感じ方も
違うといえばすんでしまうけど。

いかんいかん
長くなってきたのでここらへんでしまいにしておこう。

やべー

ブログ書いた後ネズミ見に行ったら
決定的瞬間を見てしまった。

先日述べたとおりいつの間にかそっくり返って
眠ることが多くなったうちのネズミ。
普段は手足をピクピクやってるんですが、
なんだかいつにもまして動きが激しいので
マジマジと覗き込んでみると、
なんとヒマワリの種を持って食べてるではありませんか。
勿論実際に種を持っていたわけではなく、
きっと食べてる夢を見てたんでしょう。
せっせとカリコリ口物でやってたわけなんですよ。
でふと素かぶりして目覚めてあわててでんぐり返しして
起きました。

意味なし落ちなしな日記。

それゆえの悪友

549:してやったり

反省をいかして歌二曲ならどうだ。
って天の声(CV:中尾隆聖)が聞こえたので
時間を増やしてみた、一曲。

よく知るための、
あるいは好きになるためのプロセスとして、
アンチを経るのは良い事だと私は思っている。
いやよいやよではないけれど、
愛憎が表裏一体であるというのは、
単に符号がプラスかマイナスかの違いですよって
多分言いたいんだろうね。
よくできますもんね。
好きの反対は無関心云々の話。
そのとおりなんだろうけど無視された痛い経験が
それを強く語らせるんでしょうか?
小指が痛い。
夏真っ盛りですね。
日本は大体北海道のあの角のてっぺんから、
九州の股の間まで貫く中線に山があって、
気圧の配置によっては
非常に乾いた熱い風が吹く地域が現れる。
いわゆるフェーン現象ってやつですね。
昨夜は熱帯夜+蚊のおかげで、四時に目覚めました二度寝したけど。
以前にも申しましたとおり、刺されたら即目覚めるのです。
誇張ですけどね。サムライじゃあるまいし。
もぞもぞ目覚めます。
日記を書くのって難しいなって人間として書いてみました。

レジの人

548:零時の人

歌一曲の時間を使って描いた。
これで歌一曲使ってしまうというべきか、
そんな短時間のをよくあげるなというべきか。

なかみ

547

中身の図案も一部公開しておこう。
どんな冗談だって本気でやるから面白いんだ。
勿論内容自体は本気だけど、
文は適当です。
鉛筆で字書くのってとても疲れる故に。

メガネ通信

546:今月号の表紙

鉛筆でいかにも草案っぽく描いたのを、
PCで綺麗にしようとした。
PCで描いたら線がカクカクしていらっとしたのでやめた。
何が悪いのだろうねぇといっても原因はいくつもない。
腕か、指か、ツールの設定、
すなわちペンタブの敏感度か描画ツールの設定ってかんじ。

言うまでも無いと思うし無いとは思うけど、
あったら困るので断っておきますが、
勿論フィクションです。

未開であると演じるのも大変です

545

これはまさにブログを書き始める前に、
ちょちょいと書いたものです。
映画が時をかける少女だったので
見ないですむなと思って
ペンと紙を取ったわけです。

時をかける少女、はっきり言って大好きです。
原作を知ってて、
勿論筒井康隆から読書人生が始まった人間としては
当然なのですが、
そっから映画をみて、
あ、その間にもドラマとかはあったらしいですが、
存在だけで実物はしりません。
で映画をみてこれは面白いと感心もしました。
夏のモヤがかかった感じの雰囲気。
絵柄。必死な主人公の声。どれをとってもすばらしい。

しかし一概に他人に勧められるもの、
とても感動したもの、
五本の指に入るという感想を持つものが、
そのままイーコール何度でも繰り返し見たい物になるとは限らないのが
人のあやでございます。
私にとって時かけはそんな位置づけだってわけです。

そうそう五本の指で思い出したけど、
五本の指にはいるねーとか
三つのうちのひとつだとか言う感想を耳にしたとき、
純朴にほうほう他の四つはどんなのですか?
と聞いてはいけないのだ。
あくまで感動を伝えるたびにちょっと大げさなフレーズを使ってるだけに
過ぎないことが多いからである。
勿論世の中には数え癖のある人間もいてはるので、
そうだと確信があれば聞いてあげましょう。
あなたが十分親しいなら喜んで答えてくれるはずです。

544

テレビをつけたら某カバちゃんがいた。
そうトイレの消臭の人だ。

そういえばいつの曜日かしらないけど、
七時からオネエマンズっていう番組がやってるはず。
TOKIOの人が司会やってる感じのやつ。
残念ながらネーミングセンスは良いといわざるを得ない。
内容は見たことないからよーしらないけど、
CMを見る限り、オネエなオッサンが
美を伝授してくって番組なんでしょう。
確かにハンディキャップがある分
努力研究は一般の女性のそれより
深いものもあるだろうから、
理にかなってる部分はある。
最近流行ってるんでしょうかね。オネエマン。

感情的な部分を無視するならば、
同性愛は非生物的なところにプラスの物を感じます。
生から乖離した人間というものが作る
確かなる幻想みたいな感じで。
あやふやでうそっぱちって意味じゃなくてね。
実際には後天的に形成されるんだろうし、
いや語るのはやめよう。

ところで性同一性障害ってネーミング。
腹立ちませんか?
私はすげー嫌いです。
肉体と精神が食い違ってることをさすのに
同一って言葉が入ってるのがだいぶ気に食わない。

書いててふと記憶違いもあるか知らんと思ったので
調べた。
あってた。
英名を「Gender Identity Disorder」というらしい。
ていうかまんまですよね。
こいつをそのマンマ前から順番に日本語当てていったら
「性 同一性 障害」となってるわけです。
一般的に病名、いやこれが病気なのかは知りませんけど、
病気って~病とか~症候群とか~障害とか説明の後
ひとくくりにするために最後につけますやん?
だから性の同一性に障害があるって感じなのを、
障害っていうひっくり返しを脳でシャットアウトしてたので
昔それを習ったとき腹立ったんでしょうね。

ジェンダーは比較的有名な言葉だ。
ジェンダフリーなどで一度は耳にする。
アイデンティティは何か一時はやったイメージを持ってる。
日本語の当て方が難しい英語のひとつだと思ってる。
多分自己同一性とかを当てた人も苦心したんだろうと
心中をお察ししつつ、嫌ってます
個人的には=って記号か体の内面にある名札みたいなイメージ。
いやどうでもいいのか。
ディソーダーは全然耳にしない単語ですね。
こんがらがってる状態を表すもんなんでしょう。

いけない何を書いてるんだ。。。

絵はどうだろう。
はは、どことなくマモーですね。
丸顔じゃなく面長にすればよかったな。
そうすれば同じオッサンでももう少し映えるんだろうけど。
でもどんな顔にだって権利はあるだろうので、
思ったとおり丸顔にほっそりした体をくっつけました。
アイコラみたいなアンバランスって悪くない。

本気書道

543:マジシュージ

何となく連続で本気。
私たち一般的な素人と、
熟練の技を持った玄人の違いって何でしょう?
私は一番デッカイのは手先の精密せいだと感じてます。
膨大な反復動作の結果が裏打ちする
その確かさは出来上がりを見るまでも無く、
とても感動を覚えてしまうものです。
ウツワの模様とかすごいですもんね。
マシーンですよマシーン。

そんなわけでこう普段は柔和な和尚さんも
書のときだけはものすごい形相になって
すんごい力感と気迫をかもし出すんだけど、
筆先は細やかなイメージ。
適当じゃないですよ?
本気です。
ヒュオって感じ。
ヒュオ。

本気卓球

542:マジピンポン

踏み込んだ時の太ももの太さが好きです。
後、時々デッサンくるってるんちゃう?
って実際の人間を見て思うのがこうして腕を上げたときに、
上腕骨のラインがこっちの視線と似たようなラインにくるとき。
勿論実物が狂うはず無いので
実際狂ってるのは私のオツムの中なんですけどね。
その二つが描きたかったので何となく卓球。
いえ、本気です。

541

基本的チキンなので、
その日の描き出しは大抵
こういった絵から入ります。

③大いなる独白者 『鳥はかく語りき』

540:③

えーと②と③の間の一枚はカットしたので
合計七ページに及ぶ大河ロマンです。
すごいですねー。
テーマは陳腐と悪乗りです。

537

虫とくれば花だろう。
世の中に花の好きな人は多いけれど、
嫌いな人はその分少ないんでしょうか?
私は花が好きではありません。
勿論花を見て美しいとも感じるし、
花を愛で候、な感じだってある。
しかしそれと好き嫌いはまぁ少し別問題なんだろう。

嫌いなモンは嫌いといえばそれですむけど、
取り合えずあの艶やかさが好きじゃない。
といってもあまり通じないので、
カマキリっぽいからといえば良いのだろうと思う。
虫と花ってきってもきれませんやん?
だからやつら似た姿であることがある。
代表が花カマキリだ。
さぁ花蜜ば吸うたいと近寄ったらバっとやられるあれだ。
私の属性から考えると、
ナナフシなんかは好きになれそうなんだけど、
残念ながらダメだ。
擬態する上にどこと無くヤツはバッタだ。
チョウチョとガは別だよといっても、
嫌いな人にとってはどっちもモスラであるようなものだ。

そんなわけで花と融合した絵を見ると羨ましく思いつつも、
自分では中々難しいなぁと思ってるわけです。

536

あらかじめ断っておくが、
これは私の心の中のバッタどもであり、
実在の人物とはかけ離れてる場合がございますが
ご了承ください。

バッタのトラウマについては私のモチネタなので
ここで語ることはもはやすまいけど、
バッタから派生して似てるやつは全部やばい。
代表としてカマキリをあげといた。
ヤツは大変ヤバイ。
カマ振り上げてハネ広げて腹膨らませて威嚇されたら
はっきり言ってびびってしまう。
モルダーばりに、虫は怖いんじゃない嫌いなんだって
言いたいけど、怖いものは怖い。
よく見たらかわいいとか言う余地があらしません。

やつらはとにかく我々とは逆だ。
口から肛門までのラインの形成順も逆だと聞いたし、
足が逆にくっついてるのはもう見たマンマだ。
骨まで逆に外側にあると来たらもう我々と
ぜんぜん違う生命体だ。
もっとも骨が外にある生物からしたら、
ネバネバした粘液まみれな内骨格なんて
気持ち悪い以外の何物でもないんだろうなぁ。
いやいかん、キモいのはやつらだ。
口だってキモい。
あんなもしゃもしゃ取り込まれたら死んでしまう。

生理的嫌悪とはかくも御しがたいものなのだ。

535

良い予感はしてなかったんですが、
やっぱりハムを描くのはムジー。
犬やら猫やらは自然とかけるようになってたのになぁ。

何か最近になって突如腹見せるようになってきました。
なんでだろうねえ。

あ、虫描くます。

ネズミ

話題に上ったことを今思い出したので、
たまにはうちのネズミについて近況を報告いたしましょう。
興味が無いって言うほど、可愛がってないわけでもなく、
親ばか全開でチューチュー語でしゃべりかけてるわけでもなく、
普通に無難に飼っているので、
本当のところを言ってしまうと全く面白みがないので、
できればこの文を読んだ方で、私という人間が
白いジャガ、、、ジャンガリアンだっけな、を飼っていると
認識されている方は、どうぞ構いません。
できうる限りどっちか偏った感じだと決め付けてください。

フツーの何が悪いって言われるとあれですけど、
マジでフツーです。
餌を直接指でつまんであげるのだって、
ちゃんと噛まないように直ぐ覚える程度には、
ネズミの脳みそのキャパはあるらしくて、
餌あげてるのに指まで食うみたいな
まさにバカなネズミみたいなこともないし、
餌をあげまくることも無いので丸々と太った
キャラクターを持ってるわけでもなく、
あそうそう、ブログで言ったかどうかはもう忘れてしまいましたが、
どうも小さいので悩んでたので、
餌をちょっと増やしたら、何か最近成長した気がします。
小屋に入る後姿なんてイノシシさながらですよ。誇張しました。

ネズミは視界が多分極めて狭いんでしょうね。
後うちのハムがそうなのか、
ジャガ皆そうなのか知らないけど、ずいぶん図太いのか、
耳が悪いのか、振動とかそういうのも、
ぜんぜん気にしないようです。
まーだから飼われてるのかも知れない。
でその狭い世界感な動物のせいか、
餌をあげるとフェイントを入れます。
まず普段自分がよくいる場所にイソイソと持って行きます。
これは極めて客観的に言いました。
主観的に感じてるまま言うなら、
ひったくった後、
普段より早いスピードででっかいペレット引きずって自分の場所にいき、
一旦立ち止まるや否や、待ちきれないように、
いつも食べているトイレ兼キッチンに持ち運び、
カリカリ言わせ始めます。
最近は暑くなってきたからでしょうか?
回転車にいることが多くなってきました。
ちょっと浮いてるし涼しいんでしょうか?
トイレは最初から全く教えなかった甲斐があってか、
やりたい放題してます。
大体四箇所ほど居場所を決めてるようですが、
その全てにおいてトイレを兼ねさせてるようです。
トイレ兼ベッド。潜み場所兼トイレ。
トイレイン回転車、そしてそしてダイニングトイレです。
ちなみにこれは偶然なのか故意なのか
当人ではない私には計り知れませんが、
水のみ場の近くにダイニングトイレがあります。
隅と隅に配置してたんですが、
隅っこから移動させて、
いつの間にか、顔をひょいと出せば飲めるように、
カスタマイズされていたのです。
疑念が生じているのは、
それは小屋なんですが、
当初は寝床として配置した、
陶磁器製の重たいやつなわけです。その小屋の裏を掘り返して、
隅っこにただ行きたかった結果動いたのか、
それとも小屋から乗り出して水を飲むのがしんどかったのか、
そう、以前までは、後一歩歩けば楽に水を飲めるのにもかかわらず、
何かすごい反り返った体制で小屋から身を乗り出して
水を飲んでたわけですよ。
ものぐさなやっちゃなーと思ってたわけですが、
それがいつの間にか顔を出すだけで飲める位置になってたわけです。
知恵でやったんならほめてやりたいけど、
ネズミにほめられてうれしいという概念があるとは思えないので、
今のところここで初めてしゃべりました。

でその今よくたむろってるのが回転車なんですけど、
そこにまでトイレ機能を追加させたおかげで、
何か最近すごい薄汚れてきたんですよ。
これはオブラートです。
真っ白なハムスターのおかげで余計目立つわけですよ。
黄ばみが。
おなか周りから尻尾あたりまでにかけて、黄ばんできてる。
大変見栄えが悪い。
何でそんなところを知ってるかっていうと、
そういう隅々まで見て病気であるかどうか確かめている
模範的な飼い主というわけではなくて、
ヒマワリの種とかあげるとき、
あんまり夢中で取りに来るものだから毎回かじり取ってる隙に、
ひっくり返してるのです。
ラッコみたいに餌にかじりつくのって可愛げがあるじゃない?
私はピーターラビット育ちなのでネズミも大好きなのだ。
残念ながら少なくともうちのハムスター、
ちなみに名前はフュリなんですけど、こいつは
ピーターラビットの登場動物ではないので、
時々意図的に介入して腹を見てます。

534


今日は金曜ロードショーのゲド戦記を見てがっかりしようと思ってたけど、
お好み焼きデーだった。
たまに出会って話すのは楽しいものだ。
ただ、私という人間は時間系列の記憶能力が欠如しているので、
久しぶりとかがあんまり感じられないのである。
容姿が変わってたら面白いので流石にわかるけれど。

何でも話すように心がけているけれど、
それは勿論内面のことである。
なぜならば痛い目にあったのはそこの部分なので、
それ以外で痛い目にあってないからだ。
だから私の駄文というに相応しいであろうこのブログも、
勿論絵が主だからこそ文は駄文であってしかるべきという
このくどい挿入文のようなメンドクサイ文章を頑張ってるわけなんだけど、
つまるところ私の行動における日記的なのが
勿論ないよなぁと自分で思ったわけです。
もっと空気でありたいんだけれど。
虚像なのかなぁ。すべからくそうだと思ってはいるのですけどねぇ。
こんな感じの文だと読解が困難になるだろうか?

劇的なことが無いから別に書かないってのもある。
空からもし飛行石で人が降りてきたら、、、
あ、それでもやっぱり書かない気がする。
パズー君だって親方にはしゃべりませんでしたしね。
あんまり現実からかけ離れたことが起こっても
人には言わんモンですよね。

波風が立たないならどう思われても構わなとは思ってるけど、
勿論そういえば幼稚だなぁって言われるのだろうけれど、
正直幼稚な人間なので仕方が無い。
でもどう思われても良いってのは人の目を気にしてないのとは
違うって言うのは少し面白いところですね。
そういう風に気にしてるってわけですから。
だから人を見るとき、どう思われても良いって言う、あるいは
行動を取ってるからといって、実際気にしてないのかどうかは、
まだ確定しないので決め付けるのは危険です。
そういうところから他人の虚像は彩られてくわけですからね。

だめだ、思いつくまま頑張ってしゃべった感を出そうと思ったけど、
力不足を感じました。

私は雷が嫌いではない。
そりゃあ頭に落ちてきたら嫌です。
死ぬから。
その記憶は小学生のころだろうか。
雨宿りしてるのが小学校の体育館なのでそうでしょう。
夏の夕立も時々雷を伴った激しい雨ってやつがきますよね。
そのとき偶然光ったと同時に轟音地面の揺れって感じで
近所に落ちたんでしょうか?
ガキの記憶なんで感動部分だけで後が端折られてる可能性あるので
あんまり当てにはできませんねぇ。
しかしそのときの高揚感が未だに勝っているのでしょうか。
最近までは怖いと感じない人間なんだなぁって思ってたけど、
ついぞ数日前雷雨があったんですが、
そのときの一発で何かものすごくびっくりしたんです。
ドガラシャーンギクリドクンドクンドクン。
あんまりドキドキできるほうじゃないので、
うわー自分びびってるわーって楽しみがあったことは否めませんが、
とにかく雷にびびったわけです。
なので、怖いわけではなく、
恐怖心に好奇心が上回っていただけであって、
その好奇心がふとした瞬間でなかったとき、
普通にびびるんだと思ってます。
そうです私は分析症候群。
勉強とは防御行動です。
知っているということは安心だから。

533


ボールペンで、残虐を表現してみた。
下書き放置も含めて、
こいつが人生五枚目のマンガですね。
経験値云々の話は当然ありませんので気になさらぬよう。

しかし猟奇殺人とか時々起こりますが、
そういうのを私は心底憎んでます。
ヘイトですよヘイト。
そういうのに挑戦すれば当然体力が消耗します。
毒の沼地を歩けばHPが減ってくようなものです。
たとえがだめか。
海に潜れば苦しくなるという感じ。

だから1コマ目、2コマ目で体力が実は尽きてます。
だから絵柄を徹底できなかったのは残念ですねぇ。

強く言うなら内包的なものも含めたいですが、
取り合えずこういう犯罪者は、直ぐに死ななくても良いので、
せめてDNAは残さないで人生を終えてほしいものです。

532


が、やり直しが効かないってのは
なんだかワクワクするものがある。
というのはご理解いただけるでしょう。

なれない、ペン。
なれない、アナログ操作。
そういうのを加味してもお粗末といわざるを得ないでしょうか。
線云々も勿論ですが、
黒い炉をもっと上手に使えれば違ってくるだろうという
予感はある。
てゆーかありえなくないっすか?
くろいろで黒い炉て…w
原子炉とかの記事を取り扱った記憶は無いんですけどねぇ。
でも炉の中は炭で真っ黒だろうから、
ひょっとしたら一般常識的な言葉なのかもしれないなぁ。

531


マイクロンばっかに気をやってしまってて、
すっかり同時期に買った新ボールペン、
その名も「JETSTREAM」の性能を見るのをすっかり忘れてました。
百四十円でした。
安いですか?でも仕方ありません。
ボールペンコーナーで大々的にアピールされてたんですもん。

そんなわけで試し書き。
ごたぶんにもれず紙のど真ん中にグルグルと線を描きます。
それだけだと寂しいので適当に絵をくっつけたのがこれです。

530


左目近辺をもっとぐっと体内方向に突っ込めば、
ずっとよくなるんでしょうけどねぇ。
やり直しがきかんのは、
純粋に経験と才能がものいうとこなので、難しいですね。

529


まず普段の行動で、試してみてから、
改めて性能を調べていく。
実に人間の行動じゃないですか?
行動心理学っぽくないですか。くそくらえです。

ところで私は少なくともこのブログにおいて、
説明過多です。
まぁ実際問題リアルもこんなもんですけど。
なぜかって言うと勿論理由があって、
どっちかって言うと言わんでも良いじゃんサイドな人間だったんですが、
昔それでえらいめにあったので、
おせっかいな日本人として生まれたのだから、
頑張って説明台詞をはく人間として生きるようにしてるのです。

ところで左上になんちゃってDBな絵がありますが、
最初にトレースするものってのは影響がやっぱりでかいはずですよね。
刷り込み現象ですな。かっこよく横文字で言うと
インプリンティグってやつです。
でもINにプリントですよよく見ると。
ぜんぜんかっこよくないですよね。
だから私は刷り込みっていうようにしてます。
もっとも私はマンガ絵をドラゴンボールで上達したわけではないので、
本当のところこういう絵になるかは完全なるはったりです。
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ