FC2ブログ

実況

892

私はメモ帳を持ち歩いてる。
考えたことや目に止まったことをめもっとくモノだ。
思春期、そう高校生のときくらいまではメモ帳なんて
持ち歩くと思いもよらなかった。
ノートを取るのすら面倒なタイプの人間だったから。

でも確実に忘れるので色んなことを書き控えるようにしてる。
これはあまり加齢によらない。
むしろ生まれ持った能力によるだろう。
多分物覚えのいい人はある程度の加齢に耐えうる
すばらしい記憶力があって、三十や四十とかじゃあ影響受けんのだろう。

私は残念ながらそんな能力を持ってないので、
成人する前から諦めておるしだいです。

記憶力の劣化はまだ見られてないが、加齢による影響を最近感じる。
しゃべっててふと論点を見失うことが出てきた。

私は記憶力には恵まれなかったが、口には割りと恵まれた。
産声を上げてから一年もたたずに日本語をしゃべり始めたのだから、
親も周囲もこの子は口から生まれてきたといったし、
言われた私もその気になってよくしゃべった。

思春期くらいになってよくしゃべることを止めて伺うことが増えたけど、
いざとなればやっぱりしゃべる。

しゃべるときにまず誰だって論点を持って始めるのは当然だけど、
私の場合は考えずにしゃべるので
(脳みそより先に口が出てきたのだからこれは仕様が無い)
しゃべってる間に次々としゃべりたいことが増える。

そのためガンガンわき道にそれる。
二十前半まではいくらわき道にそれようともちゃんと
ぼんやりとでも脳みそに最初の論点があって、
それに沿ってしゃべってるから、
あまりにわき道にそれたときも、あれ?なんだっけ?となっても
思い出せるレベルのあれ?だったんだけど、
二十も後半になって、完全にすっぽりと忘れることが出てきた。
完全に忘れてない間はしゃべれるのだ。
完全に忘れるとわき道の最中でもぴたりと立ち止まってしまい、
寄り道の話すら出来なくなってしまう。
そう、しゃべってる最中で口が止まってしまうのだ。
これは今まで無かったことなので大変恐ろしい出来事なんだけど
直に克服か慣れるかするだろう予感はある。
多少残念なのは私の脳みそを後百年は使う予定であるのに、
まだ五分の一くらいですでに劣化が見られてることだろう。

とかくめげずメモは取っている。
そのメモ帳をこないだ落とした。
小型のシャープペンをさすところがちゃあんと付いてるメモ帳だ。

この事件でショックだったのは頑張って気に入るのを探して、
ようやく買って、それからせっせとメモってるものが
なくなった事実よりも、それにすら動じない
あまりにずぶくなり過ぎている私の心にショックだった。
そう、正確に言うなら、
ショックを受けない心にショックを感じるというのは言葉のあやで
そもそもショックを感じるほどならちゃんと落としたことにショックを
受けるだろうし、ただそういう事実だなぁと思ったということなのです。

メモ帳を持ってるけど落としたって言う一行ですむ話を
口から生まれた私はこんなに伸ばしてしゃべる証明おしまい。

894

ずっと思い続けてる表現媒体としての絵のネック。
それは頭の中の思ったことをアウトプットするには
時間がかかりすぎるというものだ。

それが頭にあるので、ラフはスピードが必要だと
今まで思い込んできた。
スピードを出すには荒さが必要である。
荒さを迷線に出すと輪郭がぼける。
だから荒さに正確さを求めるには
線を減らしてシンプルなものにしなければならぬ。
それには練習しかないだろう。

こう思ってたわけですが、
こうしてラフの段階からチマチマ描いちゃうってのも
わりとありなんじゃないかなぁと思いつつ、
エンピツペンにちょっと慣れてきたなぁという感慨も沸き。

893

でもやっぱりオッサンじゃあダメなんだろうなぁと
若者。

892

武器三連携。

今は多分終息しつつあるんだろうと思ってるけど
ここ数年歴史ブームだったはず。

個人的見解を言うなら、
このネットワークでのつながりって、
つまり今まで人間が使ってきたソナー、
つまり光の反射具合を目で感知し、
音の具合を耳で感知しその違いによって世界を知る。
このソナーを介さず、電子の信号でもってやり取りし、
つながる。
つまり今までアイデンティティを確立してきた
容姿などを用いない、いわゆる見た目による区別を
すっぱ抜いて知り合うことが出来てしまう世界。
これは世界市民の理想を夢見る人々の要求を満たすものでは無いと
私は思ってる。
この精神的融和は逆にお国柄、
つまり見知らぬ人らと話してるとその人を形作る文化が気になり、
そして自分を形作る文化に目が向くだろうと思ってるわけです。
歴史ブームがその一環であるとは思ってませんが、
ついぞ流行った気がする自分探しの旅現代版は
ぼくたち私たちの歴史と文化見たいなのだと勝手に思ってるわけです。

それはともかく歴史ブームの中で萌えとの融和は多分
さらに進んだことでしょう。
こんな絵じゃあきっとブームにならんわなぁ
って思いながらそれでも描くわけです。
やっぱり若い力といっても30~40の中堅層のおっさんらが
いつだって主力なんじゃないかなぁ。

891

武器連想。
パソコンのメモリを増やしたら前まで使ってたツールが
エラー出したのでまた別のペイントツールに乗り換えて三枚目。
ちょっとだけこのペンツールがわかった気がする。
こいつはエンピツペンだ。
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ