FC2ブログ

この一二年で自分として一番変った面といえば、
好き嫌いを強く出すようになったことと、
好き嫌いを切り離して考えるようになったことでしょう。

例えばある人のある側面が致命的に嫌いであるからといって、
必ずしもその人との交流が途絶えるとは限らないのと同様に、
好き嫌いのみで判断をするのではなく、
あるいは好き嫌いと混同しがちなものを
ちゃんと分けて考えるようにするよう心がけているのです。

おかげで先の記事の文面のような政治的などと
およそ本来の私から遠い視点を使うこともでき始めてきました。

しかし政治経済、興味がわきませんねぇ。

政治の致命的欠陥は、多分権力闘争が面白すぎるのが
いかんのだと思いますよ。
いくら群れて生活する人間とはいえ、動物である以上、
縄張り意識があったり、
縄張り争いを本能的に行なったりするでしょう。
こういった生命の欲求に抗うのは自然ではないし、
例え無意識下において従ってるに過ぎないとしても、
間違いなく達成感はあるのでしょう。
賢い人達が古今東西繰り返し続けているのだから、
まぁ間違いはないでしょうね。

縄張り争いなんてはたからみてあまり面白くないのは、
例えばお猿さんなどが歯をむき出し合って見てみればわかると思いますが、
こっけいであったり、おそろしくあったりするけれど、
あまり愉快とは思えません。
思える人種は多分根っからの武闘派なんでしょうね。
権力争いに向いてるんじゃないでしょうか。

経済もあまり興味がわきません。
経済の難しさが、難解であるのではなく、
単にカオス系であることからであるのが、
やはり面白くなさそうです。

これは私の好き嫌いであるので、
それをおいておいて、どちらの事柄においても考えるようにしてます。
経済論は少し進みました。
今日改札にICOKAを通しながら思ったことは、
お金の価値が皆同じ、つまり私が持っている百円と誰かが持っている百円の価値が、
等価交換できる約束になっているに関わらず、
同じであるのは幻想であるということです。

いや何がいいたいかっていうと、
偉そうにしゃべることもありますが、
基本浅学菲才であるため、自分なりの考えであることが多く、
全く専門的でないということなのであります。

聖書教育

935

聖書教育に関するお手紙が入っていた。
以前頻繁に来ていたエホバに関係あるのか全くわからないので、
また新たな人なんだろうと勝手に定義する。

中々達筆で、少々抜粋して内容を紹介するに、

人が苦しむのは何故か
生活の不安に対処するにはどうしたらいいか
自分の家族はどうすればもっと幸福となるだろう
死ぬとどうなるか
死んだ愛しい人たちに再び出会えるか
云々といった疑問にしっかりと答えてくれているため、
聖書には安心感があります。

といった内容のようです。
確かにこういった問題は興味深い内容で、
誰しも一度は考えるんじゃなかろうか。
私はこういった疑問には二十台前半から半ばにおける時間を利用して
既に一つの自分なりの解答を作ってしまっているので、
特に必要としてないのですが、
もしそうでない人がいるならば、
確かにこういったものは必要なのかもしれませんね。

宗教にはどうも相性が悪いらしく、
文化的あるいは政治的な視点以外からはあまり見ることができないジャンルですね。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ