FC2ブログ

ご丁寧に

1372

楽天で良い感じの靴があると聞いて除いてみると、
大変好みの物が確かにあった。
残念なことにサイズが売れてしまっていた。
ワンサイズ大きくてもいけるだろうか、
珍しく粘り腰を出して悩んだ挙句保留したのです。

いまや当たり前になっているネット上の広告。
確かに下世話な派手さはありますが、
おかげさまでこうして楽してブログを作れたり恩恵にあずかっているし、
慣れれば気にならなくなるのは街中のそれと同じでしょう。

さて、ふと気づくと、保留したはずの靴の映像がやたら目に入ってきます。

未練だろうか?
いやいや明らかに頻度が高いぞ。

そこでしげしげと気にしてみて見ると、
なるほど例えば属してるブログ村とかには楽天の広告がばっちり。
リアルタイムでアレやコレやの情報を仕入れて
リアルタイムに色々変更できるのが今のネット社会というもの。
楽天の広告もどうやら個人の履歴に合わせてわざわざ表示を変えてくれるみたい。

私はへそ曲がりなのでしつこくされると
欲しいものも欲しくなくなるタイプですが、
そうでない素直な方には中々有用な作戦なのかもしれません。

おそるべし、現代社会。

1371

うーむ、脳みそに血液を送りすぎた後遺症か、
今日はずっと背中から腰にかけて痛みがあった。

木漏れ日

1369

適当にあれやれこやキャラも作って考えているとはいえ、
作ったからにはあれやこれやお話もくっつけておかないとと言う
勝手な使命感にかられ、
今まで描いてきたキャラに対して、
あるものには単独に、
あるものは考えてる話に組み込み
あるものはあるものどうしくっつけしてます。

昨晩そういえばロボ娘の話をあまり考えてないなと思い、
あれやこれや考えました。

絵はそのイメージの一端。

空と海

1367

ペン入れして軽く色をおいてみた状態。
薄いグレーでも結構見えるものだというのが感想。
これより薄い色で海や空に味付けするつもりなのだけれど、
こういう色合いならば、線のみで表現したほうが背景はいいのかも。

あちち

1366

下書きですが、残念ながらキャラクターの設定年齢が若いため、
セクシーダイナマイトと言うわけには参りませんねぇ。

1364

じーちゃんばーちゃんの影響から、
現代っ子としては割りと時代劇を見て育った。
見てたのはもっぱら『暴れん坊将軍』で
水戸黄門を見た記憶が無いのは、多分放送曜日の関係なんだと、
今にして思う。

そんなわけで着物等に限らず、チャンバラとかも割と興味を持って描いているのだ。
せっかくなのでどういう感じで描いているのかちょっと書いて置こうと思う。

格闘技好きでもマニアでもないので、
あくまで個人的な知識を書くに過ぎませんが・・・w


more...

トーントーントーン

1363


今回は削らず軽く陰影をつけておしまい。
寝る前にふと思い立って手を加えたため、
眠気が危ないため、感想はとくになし。

トーントーン

1362a
1362b

濃い色前提のヒモデザインだったんだけど、
全体的な色合いとしては薄いのも捨てがたい。

とり合えず色合いにあわせてトーンを貼った状態。
後は陰影の具合で削ったり足したりの加工が
特にこういう一枚絵クラスには必要になってきそう。

とり合えずトーン貼りを幾度かやってみて感じたことは、

・色も陰影も両方表現するため、描き手側はそれを意識したほうがよさげ
・基本的にはアニメ塗りに近そう
・そしてその場合は塗りつぶしツールが猛威を振るう
 多用する事によって倍速できかない作業効率がえられるみたい
・ただし線画との親和性も考えて、
 最初から削るところを貼らないってのは普通にありそう
 その場合は塗りつぶしツールでないほうが結果的にはやそう。

加工技術に関してはかなり色々ありそうなんだけれど、
それほど習得を急ぐ必要は今のところはなさげ。
一枚絵にはどうしても必要となってくるけれど、
漫画のコマにおいては、現状それほど多重にトーンを駆使する必要性を感じないから。
最悪一枚絵に関してはトーンに拘らなければ既存のやりようで
完成度を高めることも出来るので、今は優先度の問題となってくるわけです。


トーン

1361

線画の次はトーンを貼ります。
まずは真ん中の子から。

とり合えず想定してる色合いに沿って適当にトーンを置いた状態。

こうしてWeb用に保存して初めてわかる線近辺のムラ。
削るので大体で良い事も多いとは思いますが、
意図しない塗りムラというのは歓迎されるものではないでしょう。

何故描いているときに見えないかというと、
一つは、見た目は連続したグレーだけど、
ソフト上はちゃんとトーンな為、拡大すると点々の連続になるので、
幾ら色を換えて見やすくしてみても、厳しい。
目はたやすくチカチカしますが。

もう一つは純粋に私の線画の質でしょう。
一応こう見えて思うところあって不連続不均一な線を引いてたりしますので、
塗りつぶし等均一であるほど楽な操作に合わないのです。
こだわりがない場合は閉じた線で描いたほうが絶対楽ですね。

対処法はどうでしょう、吐血しそうなくらい丁寧にペンで塗りつぶすか、
選択ツールで領域を選択した後ちょっと拡大して線にガンガンかぶせていくことの
どちらかが当たるでしょうか。
色を塗るのに選択ツール塗りつぶしツールを使いたいと思ったことは無いのですが、
トーンはこれらのツールを駆使したほうがどうやらよさそうです。

基本的にデジタルお絵かきにおいて、
トーン貼りとアニメ塗りは同じようなもののようですねぇ。

ペン

1360

昨日の下書きに、ざっと、
いや、ガッツリとペンを入れた。

1359

下書きの線の色をかえる術を身につけた!

ヒル

1358

昨日昼の時間を利用して描いた絵の一部。
基本的に絵は全部パソコンで描くタイプですので、
こうして鉛筆で描く場合は、
後で取り込んだりといった心配の必要も無いため、
とにかく速さ重視で、せっせと描きます。

風景等に関しては、いずれ精度を高めざるを得ませんので、
いつまでも、今のように何も見ずに描き続けるというわけには
まいりませんでしょう。
何故ならば、創作においてリアリティは
リアルにしかずであるからであります。

私は写真の趣味がありませんので、
手持ちに資料となりうる写真が無いのですが、
幸いなことに旅好きで日本中をうろうろしてはる先輩がいるため、
まずは資料集めに奔放しなくてはいけない、
という憂き目にあわずに済みそうで、
まったく人の縁というものに感謝。

ゆとり

1355c

昨日得た反省を踏まえて、
線の延長線上でまずは一枚、トーンを張ってみました。

そしていつもの画像サイズだと、流石につぶれちゃんこなため、
倍のサイズでアップしてみました。
サイズが大きくなると、つぶれ具合が減るので、
見えなかったものが見えるのはちょっと面白い。

OSのWindowsとか、中に入っているExcelとかのソフトの方向性は
どんどんグラフィカルになってきてて、
選択肢も文字よりそれっぽいマークをクリックするようになって来てるようです。

Windows2000とかで鳴らしたヴェテランな猛者(あくまで私的目線)
などは、きっちり文字で命令する感じの四角四角なイメージが好みだという方も
居てはるでしょうが、パソコンなどはもはや専門家の道具ではなく、
一般大衆向けの道具になってきているため、
ぱっと見てイメージでわかりやすくなっていく方向性は大変良いと思ってます。

お絵かきソフトなども、非常に視覚的なつくりになってきてるようでして、
色の選択なんかも、RGBの数値は~なんて考える必要も、
色の相関関係はこうであるからして、、なんて考えず、
ぐいーとやって、くっと選んで良い感じに塗っていくという、
実に親切な作りになってます。
私などはモロそういったソフトに頼りきりの、
バリバリゆとりなお絵かき人であるのです。

トーンというのは元々がアナログの手法であるためか、
バリバリ経験が物を利かしそうな感じでありまして、
実に多種多様であります。

特に凝らずにただの点描なトーンを使うにしても、
濃さ一つとってもスライダーで調整する為に、
中々難儀しそうです。
(そりゃあ選んで切って貼り付けてに比べたら楽なのでございましょうが、
ゆとりを甘く見てもらっては困る)
機械任せのツケが廻ってきたと考えればそうなのかもしれませんが、
そういうのは使い古されたネタでありますので、
何とかなるように三日三晩祈祷せざるを得ない。

ペン

1355b

陰影が無いため多少のっぺりとしてしまう嫌いがある。
陰影ありきの線を使ってしまっているのだろうか?
後うっかり憂いの表情であることを忘れてしまってるのに、
この記事で気づいたため、直さなければならない。

さっきの下絵からこの段階になるのに大体一時間。

コミスタを使って描くようにしているのだけれど、
トーンをただ重ねたりしてもうまくいかなかった。
多分原因は、グレーブラシと全く同じ用に考えてたという所。
どちらかというと、線の陰影に近そうだから、
ちょっと操作法ぐぐりがてら更新。

下絵

1355a

そんなわけで、まずはいつもどおりの下絵段階。

やりよう

1354

最初からコマワリありきで考えるのが良いに決まってるのですが、
渋々現在の自分の技量を甘んじて受け入れ、
とり合えずシーンを繋げて流してお話は作っています。

ただしこの方法では、話の作り方は上積みできても、
コマワリの実践力は育ちませんので、
早急にシフトしたいと思いつつ、未だ道路分断状態ってやつです。

絵に関しては、そろそろ下絵主体から、ペン=清書や
加工(トーン等)へとシフトしてこうかと思ってます。

シーザーサラダをぶちまける

1353

数日前、電車がやけに若い学生に満たされていたので、
てっきりその日がセンター試験だろうと思ってたのだけれど、
どうやら違うかったようだ。


more...

600

1352

最近、囚われ気味で新しい話を考えることが無かったのだけれど、
ここ数日再び廻りだした感じ。

マジメな短編一個、エンドレスな感じなのを一個、
ただの短編の始まり一個が新たに種としてストックすることにする。


今年のウィルス性胃腸炎は大変なパワーを秘めているとか。

偶々

1350

たまたま、短期間に別人物から同じようなことを聞かれたので、
それを記しておく。

「キャラを描く時にどこから描くか」

聞かれた内容はこれ。
絵の描き順があるのかは不勉強なのでわからない。

人がどう描くかも、自分がどう描いてるかもあまり気にしたことが無いので、
さていざ自分がどこから描いてるかと聞かれると、即答に困った。
大体の位置決めて目から描いてる気もするし、
位置決めずに目から描いてることもあるし、
輪郭を描く事もあるし、鼻から描いてたりもしてそうだ。
大体眉毛から描きはじめるキャラもいる。

------------------------------------------------------

才能があると完成像がばっちり見えててそれをなぞるだけ
みたいな話を耳にすることもある。
全く持ってうらやましい話。
私はそういった才能、あるいは技能を持ち合わせていないので、
ひたすらにつじつまを合わせて描いている。

明本

1349

スルーしておけばそうではなかったんだろけれど、
昨日のラフを描いた自分が少しあわれに感じたので
ちょっと線を足してみた。

かちむし

1348b

今回は久々にアタリ線をざっと描いて、
そしてそのアタリ線をがっつり無視して描いた。

1348a

ちなみにアタリ線がこれ。

うーむ、ゆくゆく見返してみると思う存分カチムシですな。。
アタリ線の絵も悪くないと思うんですけど、どうしたんでしょうね。

決定と変遷

1347

基本的に隙あらば、実在モデルを組み込んだりする傾向にあります。
勿論瑣末な意思が無いわけでもないのだけれど、
純粋に、描いてて似てると楽しいですからね。

ただしあくまで自分の中にいる人物像であるため、
往々にしてモデル本人とのイメージ像の乖離は否めない。

1346

勿論何事においてもスマートであるに越したことはないのだろうけれど、
なんだか今日は手が荒ぶる神々であったので、
思う様あらぶらせてみた。

いや、ひょっとするとそれは妄想で、
本当はトイレを我慢してたからやもしれぬ。


小一時間

1344

よーしちょいとブログ更新の為に小一時間描くか~
って終わったら二時間近く経ってた。
下絵レベルの絵にえーとなんぼじゃ、120/7の17分ほどかけている計算だ。

普段はこうした人物のバックグラウンドな絵を描くときは
あれやこれや妄想膨らませながらやるんだけど、
今日は何も考えずとり合えずさっと描いた。

年明けて絵、三つめ、
そろそろ線も落ち着いてくる気配を見せつつある今日この頃
いかがお過ごしでしょうか、私は元気です。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ