FC2ブログ

Rhythm

1567

それほど人を見ているわけではないのだけれど、
最近二人も音楽経験者が存在するため、
それなりに色々なことを気づく事がある。

例えばリズム。
誰だってふとした拍子にリズムの一つや二つくらい取ると思うけど、
音楽経験者のそれを見てみると、
何らかの法則性に則ってリズムを取っていることに気づく。
脳みそを勝ち割って覗く事ができたら
多分普通に音楽が流れ出すのだろうけれど、
きっとその規則は実際の楽器の操作等の実際の『音楽』だろうと思う。

考えてみれば、絵を全く描かない視点と多少なりとも描く側になった場合の視点も
確かに後者には見る上での規則性が現れるように思う。
自分がもし描くなら?とかもあるだろうし、
普通にテクニックを見ることもあるのでしょう。

風物詩

1565

マンション敷地内のタイル上に踏まれたか
半分粉々のセミの抜け殻が落ちている。
私はよく地面を見ながら歩くので目に付く。
推理小説の登場人物にはなれないタイプの人間であるので、
一々こんなところに抜け殻が何故あるかなど、
考えないぞと思いつつ、
多分子供が誰かの気を引こうと見つけてきたは良いけれど、
話の流れ上どうも「見てみて!」ってやれる流れにならず、
そのまま誰にも披露されること無くポイされてしまい、
そのあと誰かに踏まれたのかななどと
さらに思いながら、通り過ぎるのである。

高所の

1564

窓拭いたりしたら、
首と言うか喉周りが筋肉痛になった。

塗り絵

1563

色塗る前提で描いた線画と
そうでないのを塗ったのでは
違いができるようだ。
何かあるのかな。

大事

1561

大事な事、お伝えします。
トイレットペーパーにはシングルとダブルの二種類がございます。
ダブルを使用する際、
薄皮を剥ぐ要領と申しましょうか、
ダブルの名前の由来であります二枚重ねの表側のみを
捲ってしまっては大変な事になります。
トイレを使用される皆々様、お気をつけなさいますよう。

あと大事ではないけど、
こうして一年位前の絵を参照してキャラを描くと気づく事に、
絵へのアプローチ自体は変わってないけれど、
美的感覚がまた少し変わってきたなぁってことがある。
半年前のそれでは感じない事から大体その間くらいでちょっと変わったのだろうか。
そんなわけで絵柄と言うか画力レベルの向上以上にキャラ造形をいじったりもします。

1560

こっそり空恐ろしいと感じてる事に、
「仕事だから」って言うのがある。
自分個人の意見では絶対やらないような事も、
仕事モードだと粛々とやれてしまうという感じのあれ。
それそのものが時と場合に及ぼすであろう残酷性も
勿論空恐ろしいのだけれど、
幻想だと知りながらもついつい信じたくなる
自由意志というものが
いかに儚いものであるかと言うことが寂しいし怖い。

’13年 4月~6月 まとめ

少しずつ(情けないけれど)
漫画サイドにシフトしつつあるので、
一枚絵の割合は減ってきていると思っている。
故に、まとめもまた半年スパンで良いかなと思って
前回のを見返してみると存外に長い記事になってたので
やっぱり三等分に。

more...

やり様

1559

さて白状いたしますと、
デッサンを学んでいないと言うばかりで、
何も手を打ってなかったかっていうと、
そういうわけもなく、
描きはじめた当初はとにかく、
デジタルである利点を生かして、
頻繁に左右反転を多用して描いてました。
そう、適当なところで左右反転してまた描き進めていくの
連続で絵を描いてました。
紙だと多分光に透かしたりしてチェックするくらいしか出来ないと思うけど、
デジタルだとひっくり返したまま描けるので、
あっちゃむけこっちゃむけして
違和感の元を退治しながら描いてました。

最近はそういうことは必要なくなった代わりに、
意図的に楽に楽に描くようにしてますが、
こういった下書きと言うか丁寧めなラフというか
とにかくこういったのはひっくり返したりはせず、
先ずざっと描いてしまうようです。

黒色が茶色に見えるならばもう寝ましょう

1558

私は全てをヘイトです。
何故ならば、全てをエンヴィだからです。

意に

1557

めっきり本を読む事が無くなったし、また読みたいとも思わないので、
最近読むことにした。

元々本を読む側の人間だったから、いざ読み出してみれば後は水が流れるが如し。
空き時間や寝る前などは読みたくて仕方がなくなってくる。
感情は自然とわくものだから仕方ないので、
寝る前にとりあえず本は読んでいない。

で、多分今はじめてこうやって意識した(文章化)ので、
多分今夜バタンキューの寸前に一ページでも読む事になるかもしれない。

Macho Report

1555

筋肉に関する実際の所の声が聞けたのでここに報告します。
今回聞けたのは上半身模様。

マッスルな方々がしばしば脇をあけている姿がありまして、
特に漠然と何も考えずそういうものなのだろうと思っておりました。
(仮に精々考えたとして、筋肉が付いたことによって肩幅が広がったとか
威嚇のためとかそんな程度だったでしょう)
ところが聞くところによりますと、
なにやら普通に腕の筋肉と背中の筋肉が干渉して
勝手にあいちゃうんだそうな。
ただしそれによって窮屈に感じたり、
動かしにくいとかいった事はないそうな。
ただし気をつけは頑張って手のひらつけると、
不細工にも肘が体から離れてしまうそうです。

太ももは干渉しないのかな?と思って聞いてみたところ、
特にそういったことを感じた事はないそうだ。

眠くなる成分を含まない

1554

眠くなる成分を含まないと書かれた葛根湯内服液であったにもかかわらず、
昨日は一日超絶に眠かったので、
てっきり間違えて隣の箱でも取ってしまったのだろうと、
夜には諦めて早々にベッドで死に体と化しておりましたが、
今晩は飲んでも眠くないし、よくよくパッケージを見てみると、
ちゃんと成分含まずと書いてある。
どうやら純粋に体が欲した分の睡眠であったらしい。

あ、どうでも良い話やもしれませんが、
若干紛らわしい言葉である、着物の右前左前の話。
どちらを前にするかははっきりしてても、
言葉がさてどっちやらとなってしまいがちな感じのこの言葉。
相手から見て~とか手が入るほうが~とか覚え方があるようですが、
わたくしが一番しっくりきて、用いている覚え方が、
『前』と言う漢字に着目する方法。
前と言う漢字、まえ、とゼンが現代の読み方かと思ってますが、
この漢字には「さき」という読み方があるのです。
多分大昔には先って意味で使われてたんでしょう。
そうです、着る順番としてどちらを”さき”に持ってくるかで
左右を言ってると覚える寸法なのです。みぎさきと覚えれば
間違えないと思ってますが、前に一寸の先成分を感じないタイプの人には
向かない気がしますので、やはり覚え方は人それぞれという
玉虫色な言葉を使わざるを得ないのかも知れませんねぇ。

できません

1553

女性の美は、若さ成分が結構なウェイトを占めてきますが、
男性のかっちょよさは加齢に伴う渋みがプラスに働く事が往々にしてあるため、
女の子キャラより色んなバリエーションを取れて実は描くのが楽しい。
可愛い女の子キャラを描くのは勿論楽しい事だし、
まだまだ描けてるとは言えないでしょうから、
やはり女の子キャラをメインでと言うルール、
今しばらくは継続してかざるを得んでしょう。

うーむ、こうしてざっと適当に描いてみて思うに、
ひょっとして二次元さながらの、がっつり美形男、
描けないやも知れぬ。
サボってるせいか資質のせいかは定かではない。

困ったこまった。

夏が本気出してきた

1550

常識人であると自負しておりますので(上司黄人と変換したのは内緒である)
時事問題を取り扱います。

直に地面が温まって、セミが出てくるんですかねぇ。

まって!

1549

ちょっと待って!
今、爪楊枝を押し込んでプラスチック容器を貫通させるのに忙しいから!

のぼり

1548

全体像を見るとクラクラしてしまうし、
でも全体を見なければ始められない。
いざ走り出してもその一歩が微々たる物だって考えると
やっぱりクラクラしてしまう。
目先だけおって無心で駆け上ってると、
いずれはゴールにたどり着く。
ふと見返したときにその視界に達成感は無い。
ただただその距離感にクラクラする。

青色LED、其の光はあまりにまばゆく

1547

世の中って何時だって最先端でドンドン変わってる。
調べた事がないから適当言うけれど、
青色が出来たりと色々進出が目覚しいLED、
信号がぺったんこになったり、
パソコン周りのライトが青色になったりしてるのは
そういったせいなのかなと思ってる。

私は几帳面ではないので、
逐一全ての電源を元から切ったりしないので、
例えばパソコンのスピーカーなどは付きっぱなしであるので、
夜電気を切ると青色が自己主張をする。
真っ暗闇が割りと好きな私には、
普通大抵眩しく感じるのだけれど、
時々ロマンチストなときは、
部屋に現れた星だと感じることだってある。

そういえばどうでも良い全く余談だけれど、
長年頭を悩ませていた疑問の一つ、「生命とは」に
近頃ようやく一つの解答を得る事が出来た。
仰々しいので大事のように聞こえる気もするし、
何年もかけてようやくかと言うと、
素人ゆえとやや劣等の気分がもたげる感じだとも言える。
最も、私は自分のペースでしか歩けないタイプの人間なので、
その辺に関しては特に何か思う事はもう無い。

人に恵まれていると最近よく思う。
聞けば答えてくれる人が多いことは私に取って幸いだ。


むかし、わたしは”なぁに”だった
あるひ、わたしは”なぁに”であることをやめさせられた

むかし、わたしは”たずら”だった
あるひ、わたしは”たずら”であることをだいたいやめた

むかし、わたしは”ぶるる”だった
あるひ、わたしは”ぶるる”であれるほどのきたいをもたなくなった

むかし、わたしは”げらら”だった
いつまで、わたしは”げらら”でいられるのだろう

ごまドレ

1546

ごまドレを豆腐にかけて食べるのにはまっているという話を聞いて、
早速やってみようと、帰りしな、豆腐を買って帰る。
パックをあけてイザ気づく、ごまドレはうちにない事を。
仕様がないのでそのまま食べました。
醤油をかけることすらせずに。

足の小指がぶつかった

1544

誰も見てないのにポーカーフェイスで痛くないフリをした。
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ