FC2ブログ

ヴィジュアル

1666

直接見たことなかったので、いかつい方々がやってるイメージがあったので
何となくそういうイメージを持ってたヴィジュアル系の格好。
このたび直接その格好をした写真を見る機会に恵まれたため、
せっかくなのでしげしげ眺めて
(残念ながら古いプリクラ画像が主だったため画質については十分であるとはいえない)
勉強することにした。

なるほどヴィジュアル系の格好をしたいと言う思考も
この格好をかっこいいともてはやすキモチも、
キモチ悪いというキモチも理解できると感じた。
思ったよりも女装的だったのが面白い。
もう少し中性的なイメージを持っていた。

秘密の館

1664

何年か前に芯を出すたびにクリクリ回転しながら芯を出すシャーペンを
使ってみたという話を聞いたことがある。
鉛筆にせよ、シャープペンにせよ、先っぽの黒鉛を削って紙に書くわけで、
削れれば先っぽは変形してしまうし、
文字を書く最中に普通ペンを持ち替えたりしないので当然絶壁な感じに削れる。
これを避ける為に生み出されたものらしいけれど、
残念ながらその人にはあまりあわなかったらしく
ポジティブな意見ではなかった様に記憶されている。

ペンタブレットは実際のインクや黒鉛を消耗するものではないのだけれど、
タブレットとペンの間に摩擦が生じるため、徐々に磨耗する。
特に私が今現在使用しているIntuos5って名前のペンタブは
比較的摩擦が高いのか、ペン先はすぐに削れて行くようだ。
一本目のペン先が斜めに削れてしまって、使い物にならなくなってしまったため、
二本目からはセルフで小まめに回転させるような癖をつけた。
結果、使ってきたペン先8つが円錐型になってしまった。
真横から見ると鈍角ではあるけれど鋭い。

想定と違和

1662

例えばコーヒーだと思ってコーラを飲めば
腐っていると吐き出してしまうという話があるように、
想定と違っている場合の判断は
フラットのそれとは違ってきてしまう事はしばしばのようです。

匂いなどにおいても、
例えば、フレグランスな香りのする風呂用洗剤は
風呂に使えばとても良い香りで清潔に感じるのに、
例えばその匂いがキッチンの流しから強烈に匂ってきたら
多分匂ってくると感じず臭ってくると感じるくらいで、
同じだけ綺麗になっているように見えても、
あのきつめのいかにも消毒されてそうな匂いがしない限り
キッチンにおいて清潔感は感じられないかもしれません。

これらは勿論正確な直観力等も含まれるでしょうが、
多くは習慣という体験からくるものに過ぎないと思ってます。

音なども同じで、育ってきた環境によって聞こえ方は変わってきまして、
例えば人によっては全く気にならない車両のエンジン音も
田舎育ちの人には勘に触る音にしか聞こえなかったり、
---十分田舎な場合、就寝時間から起床時間までの間に聞こえるエンジン音は
新聞配達の原付の音のみというのはザラである---
逆に都会の喧騒になれた人にとって、
うんざりするくらい騒々しく---かなりの音のボリュームがある---
とても眠れそうに思えない田んぼに囲まれた田舎の
夏の夜の蛙の大合唱も
そこに育ったものにとっては心地よい子守唄に聞こえたりするものなのです。

経験や慣れによって感じ方が変わってくるというのは
面白い要素ではありますが、
気にかけようとするには些か大変なモノですね。

1656

珈琲が枯渇。

調子

1653

体の調子はともかくも
パソコンの調子が最近悪いのがやや不安要素。
あと一年くらいは頑張ってもらいたいものですけれども。

イタム

1652

二日前くらいから痛む。
一月前に痛めた背中が痛む。
肩甲骨の裏なのでさする事もできず
去ってくれるのを待つしかない。
重いものを持つ事が多かったり、
体を動かす仕事に携わってたらきっと邪魔だろうなぁと思いつつ、
今日も軽いペンを持つのだ。

存外に変わらぬもの

1651

それは絵柄。
余程そうと思い切らない限り、
多少デフォルメ比率を変えたところで
だれそれちゃんの絵だってのは変わらぬもののようで。

比較

1650

小まめに段階だんかいでセーブしてたのは、
まとめてジフアニメにすれば
面白いだろうかと思ったからで、
やってみると、短すぎて劇的に面白いとは言えず、
何より大体の画像一枚でブログアップギリギリサイズなので、
十枚程度集まれば、サイズを半分にしても余裕でサイズオーバー。
あげられる程度に荒くすればきっとさらに面白くなるのは間違いないので、
結局自分で見て「ははぁ」って思うくらいしか活躍しませんでしたので、
並べてスクショとるパターン使って比較してお茶を濁す。

こうして並べてみてみると、絵を描くメソッドと言うものは
面白いほど変わってないことに気づく。
特に色塗りなどは、殆どノータッチなので、
五年前とあまり変わらない塗り方をしている。
線画自体はここ一年ほどで頑張って強化したので、
自分ではそろそろ色塗り甲斐が出始めたかなぁと思う程度の
線画になってると思って塗ってたのですが、
まーこの絵を描き直すきっかけになった人物に見せても
言う程手ごたえもなく、絵って難しいものだなぁとつくづく思わされる結果に・・・w

そう思えたのが、、はて日本語が出てこないな。
財宝?遺産?うーむ・・w
取りあえず、やった結果得られたプラスのものの一つですね。
後一つはこれくらいの完成度の絵にかかる時間かな。

ちなみに昨今流行のデジタルで描かれた一枚もののイラストは
これの何倍も時間をかけて、さらにテクニックやセンスを用いられてますので、
やっぱりすごいなぁとおもいました。

一段落

1649

背景と人物の境界を馴染ませる事をあまり考えずに
取りあえず全体の色塗りを一通り終えた感じ。
微妙に雑なため拡大に耐える精度ではないけれど、
これで大体色塗りだけで6時間くらいの完成度。
色塗りに慣れたとしても2/3以上時間が短縮されるとは
思えないので、仮にこういった完成度の絵をスピーディーに作るには
多分やりようから変えないといけないし、
絵柄レベルで変革しないといけなくなると思うので、
取りあえず半日頑張ったらカラー絵が一枚出来上がるってのが
自分のペースだと計算しとくのが良いかもしれない。
何か最近描けば描くほど、自分の筆が遅いのではないかと言う声が
私の頭の中から聞こえてくるけど、これはまぁ仕方がない。

この後バリバリデジタルを生かした加工とはいかなくても、
せめて軽いカラーグラデとホワイト使ったグラデ使って
ちょっとした加工くらいはしても良いかなぁと思ったけれど、
取りあえずナチュラルに近い色塗り度でアップ。

Chicken Firend

1648

昨今のおしゃれな絵は割りと主線、この絵でいったら
黒で描かれた線ですけど、これの色やらなんやらをカラー化の際に
調整される事が多いと思ってますが、
私は割りと黒い線ってやつが好きなので、
線は黒いままでおこうとは思ってます。
ただ、コントラストつまり明暗ですけど、そのコントラストを
どれだけ効かせようかは実は決めかねながら描いてます。
個人的には割りと明暗はっきりしたのがすきなのですが、
さてどうしましょう。

ちょっとずつ

1647

下拵えに労力を裂くほどに、後が楽になるのは何だって同じのよう。
やっとちょっとずつ形が見えてきた?
作業15分ほどで所用が入ってしまった。
映画でも本でも絵を描く事でも勿論仕事でも、
根気のほかに、中断にめげない事だったり、カチカチとスイッチを切り替える事が
肝要であるようです。

下拵え

1645

下拵え終了。
終了、何ですがこの段階にくるのに3時間かかってます。
こういう段階の絵は本当は塗りつぶしツールやら駆使して
一時間かからずにやるとスマートなんじゃないかなって思いつつ、
辛抱強く塗ってます。
下拵えとは?
デジタル絵の特性を生かすと

1646

こういう風にぽちっとなってできたり。

バック

1644

先ず背景をざっと塗ります。
30分くらい。

ウォーム

1643

アップがてらに色おいた絵をアップ。

髪の毛

1642705

昔のんも並べた。
五年前のを見てみると、
何か頑張って根っこみたいに髪の毛描いてたんで
せっかくだからそこは習って髪の毛も細かめに線画を作ってみた。

久しぶりにフォトショップで絵を描いてるんだけれど、
コミスタに切り替えた当時はなんて違うんだと戸惑ったものだが、
一年弱も使っていると当然なれるものでして、
今は逆にフォトショップの慣れが失せ、やや時間がかかってしまう感じ。

描き込むのは嫌いではないけれど、髪の毛は流行りに習って
簡略化したほうが良いと思ってる。
今回の線画だってアリスちゃんの髪の毛だけで四十分くらいかかってる・・・w
残念ながらこれはフォトショップからくるものだけではないようだ。

後ラフからの変更点で意図的にオールをなくした。
絵全体のバランスはそれありきで描いてるので、
ややバランス的に劣る感じがするけど、
シーンを考えてオールを持ってるのがぴんとこないから消しゴムで消した。
何故昔の絵では持たせてたかって言うと
記号のためだったと思う。
記号を増やせばそれだけ「これはARIAの絵です」と言い易くなるから。
五年前よりは多少は絵も上達してるだろうと期待して、
今回はシーン重視で省いてみたというわけ。
さぁどうでるか。

線画あらかた終わったので色塗ってきます。
昔の色は描きたい空の色で塗った。
今回はテーマを重視し、もう少し黄色がかった夕暮れにしようかなと思う。

目薬はマツゲを巻き込む

1641

髪の毛を描いて線画一段落、
ってところで、敢えて、あえて品の無い言葉を使わせてもらうなら
わたくしのウンコペンタブさんがまた機嫌を損ねて、
いや機嫌を損ねるのは普通わずかでも予兆があるものだから、
全くの気まぐれというべきだから言い直すと
全くの気まぐれで急に認識しなくなるという暴挙に出られたおかげで
私の忍耐力はその気まぐれと同じくらい瞬間沸騰ゼロ更新と言った感じで
つまるところ一息つかないとやっとられないので取りあえず
この半端な状況で止まってます。

書き直し

1640

故あって昔描いた絵を描きなおしてます。

段取り甚だあし

1641

絵で埋めてやろうと思ったのに、
自分の絵描いて遊んだおかげでタイムアップ試合終了。
版権絵は難しい。普段描かないから何を描けばウケルか少しは悩む。
描かないキャラを自分の絵柄を入れつつ描くのは
やっぱり普通に自分の絵描いたり似せて描くよりやや多めに時間が
かかってしまうようなのです、言い訳終わり。

油断もすきも無い

1640

さっと描いてさっと消すので
こんな絵だって描いちゃう。

私はどこにでも現れる

1638

言う程ホワイトボードって描き易いとは思えない。
何故ならば据え置きのものはペンタブレットとは90度も角度が違うのだ。
それに位置もお世辞にも良い位置とは言えずやや高いと思える。

1639

描き終えて一息ついてみてみると、ホワイトボードマーカーに引きずられて
思ったより漫画調になってたので、
ちょっとPC絵柄調に顔をちょこっとなおして、そしてざっと消すのです。
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ