FC2ブログ

似てる事

1687

パイレーツオブカリビアンと言えばバルボッサが好き。
どうでも良いことですが。

勿論皆が皆そうではないのだろうけれど、
似てるってそれ自体が面白いと感じるのは
割と本質的というか本能的な感情なんじゃないかって思う。
お笑いのモノマネを可笑しいと感じるのもそうだし、
絵とか描きだすのは大半はモノマネで、
似ればそれだけで嬉しいし、
もっと言えば言葉をしゃべりだすのもそうなんでしょう。

そう、結局コミニケーション能力の一端として、
”似ている”って事柄そのものをプラスの感情として
捉えるようになってるのでしょう。
似てればそれだけ相手や子孫に伝えられやすいため、
生存競争の武器の一つになりうるのでしょう。

そうそう、この辺の話が個人的に好きな感じの一つだ。
生命の進化ってその言葉だけ聴いてしまうと、
環境に適応して、さも能動的に変化したように感じてしまうけれど
沢山の、そう大雑把な例で言えば、
人間は大体目やら手足やら何やら大体二個ずつありますが、
一個ずつの人間、
二個ずつの人間、
三個ずつの人間、、、、
といった感じに色んな人間が登場したけれど、
あまり生きるのに有利じゃなくって
二個以外は数をドンドン減らしていって多数派が出来上がる
といった感じのもののようなのです。
能動的よりも寧ろこうした方が面白いですね。

1686

風の強い一日だった。

リンスイン

1685

リンスの詰め替えはシャンプーのそれ以上に忍耐力を要する。
粘度が高いからだ。
高いゆえにボトルを倒してしまっても
即こぼれでてしまう心配は少ないと思いつつ
倒さないよう、こぼさないよう姿勢を保つのだ。
昨今登場したあのインスタントコーヒーの詰め替えは
あっけないと感じるほどに済むのはすばらしい発明だと思う。

後数日ほどなんやかんや些か億劫ですが、
それがすめばドーンと絵を描く時間を設けられそうなのが待ち遠しい。

1684

よーしやるぞ

きたるや

1683

ここ一ヶ月ほど焦燥感にも似た感覚で、
色んな作品へのインプット欲求があったのですが
最近ぱたりと止みました。
悪くない兆候であると言えるのかも知れません。

取りあえず理想を言えばキリがありませんゆえ、
多少のクォリティには目をつぶり
クォンティティ重視で漫画の習作も新たに作って
乗っけてこうと思います。

いくつか話しを平行できれば理想なのですが
こればっかりはやってみないと
わかりませんねぇ。
特別に手が早いほうではありませんので。

パレアナ

1682

ややもすると手がかじかんでしまいそうになる程度には
室内ですら寒くなってきて、十一月も半ばなのだなぁと思う。

寒くなってきて一つ良いところは、
布団が心地よい事。
ひんやりとした布地。
寒気を遮断してくれるその頼もしさ。
そう、冬は布団に入るのが楽しい。

さよう

1680

バラの棘は本当にするどい。
よく言われるため、「当たり前化」してしまって
逆に警戒感が薄れがちでありまして、
うかつに触ってしまうと
カッターナイフもかくやと言わんばかりな鋭さで襲ってまいります。

12月は

1679

12月は彗星が見られるそうな。
ハレー彗星クラスになる可能性があるという事で
今からとても楽しみですねぇ。

設定系練習絵に平行して
似顔絵、設定のあるキャラを描いて、
漫画をいくつか描いてこうかなぁとおもいます。
取りあえずブログ用に新たにいくつか考えたのと、
以前考えてたのの中から見繕うかと考えます(現在形)。

お犬様

1678

なんだか無性に左尺骨が痛むので
風呂にでもいってくるます。

ペンシル



アナログも少し手慣れるように
練習の必要を感じますねぇと
思いつつただの落書き。

1676

犬は良い。
実際自分で世話してたのは五年程度だけれど、
実家には常に犬が居るので犬には割りと馴染みがある。

いずれ簡単な漫画にしてみようと思っているけれど、
犬というものは見れば見るほど賢いと思えるし、面白い。
犬と並べると些か語弊が生じるかもしれないけれど、
場合によっては三歳児程度の知能があるという犬、
その例えに登場する三歳児。
幼い人間を見れば見るほどに、
本当に人間と言うのは賢い生き物で、
犬などとはやはり到底比べるまでも無いものだなぁと思うけれど、
賢いという基準が人間の尺度であるので、
これは至極当然な事なのだなぁと思う。

このブログはノンビリやっていたため期間が長いけれど、
漫画を描く為に一定の画力を得なければと心構えを変えて
ペースアップを図ったのが2012年でありました。
今絵を見返しているわけではないので正確なものではありませんが、
大体2012年夏ごろ、つまりある程度熱心に描きだしてから半年くらいで
後で見返しても多少はね?と言う感じの絵が増えだしました。
それからさらに一年と少し経ちましたが、
最近はどちらかと言うとお話作りのほうにすっかり指向性アンテナが
向いてしまっていたため、些か画力向上のほうはおざなりとなってしまってました。

自分が必要としている画力に届いているわけではないので、
併せて何とか画力向上にも努めないといけませんなあと思う
加湿器がついに働き始めた冬のはじめ。

共存

1675

中々興味深い事に
例えば男性において、女性的な自身の体躯に
少なからずコンプレックスを抱いており、
雄雄しいガッチリ骨格に憧れがある場合においても、
平行して中性的、甚だしい場合は女装的な容姿になる自分を
許容あるいは積極的に望む一面を持ちうるということである。

書き込む前に考えよう

1674

ふとFC2記事投稿欄左上が目に入った。

書き込む前に考えよう by 法務省

との事。
コケシみたいなキャラ二人組みのキャラクターがそう言っている。
ネットを悪用した人権侵害をなくそうとのキャッチフレーズ。

ジーンズが割りと誰にでも似合って、何にでも合うのが、
単純に目にする絶対数が多いだけだって風な考えを用いれば
少なくとも見た目から生じるレイシズムなどは
解決可能な事案な気もするのですが、
そもそもそうした思考思想が他人と共有できるという事こそが
最大の幻想でありますので、
こういった考えはまさに机上の空論と申すものなのです。

難しいムズカシイ。

健在ナリヤ

1672

いかに洗濯ばさみが十分であったとしても
大本のハンガー部が壊れてしまっては。

1671

デフォルメする際、意図的に足は長めに描いてるんですが
もうちょっと短い比率でも良いだろうかと最近少し思う。

判断

1670

最近ちょっと面白いなぁと感じたのは、
処理速度、処理能力の高い人間がイコールキャパシティのある人間だとは
限らないという事。

細すぎてはならぬ

1669

例えば陰影などをシャッシャと線描く場合、
ペンの太さを細くしたりするけれど、
そのまま作業を終えて、次ぼんやりとラフを描いていると
気づく人は気づくのでしょうが気づかない人は
そのままあれなんか妙だなと思いつつも
そのまま描いたりするものでしょう。

字を書く場合でもそうですが、
個人個人の好みと相性で細い太いを選択するとおり、
絵もそういうのがあるようでして、
わたくしなどは、ペンも鉛筆も太いヤツが良いので、
絵もまた細すぎるのは好みではないらしいです。
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ