FC2ブログ

喜ばしい事

1816

最近喜ばしい事。
上下の黒い帯がなく画面全体に表示されるものが多いこと。
映画とかだと上下に黒いラインがあるけど。

1813

1815

比較対象がないとスピードは分からない。
40分くらいせっせと描きこみを続けた結果がこれ。
ちゃんと描きこんで行くと、むしろトーンがないほうが曇天っぽいため、
さようならトーン。
後二十分くらい頑張ればこの雑さでの一段落が付くと思われます。
そうです、わざとだろうと普段から乱雑な絵を描く人間など、
頑張ってみるときも、雑い線使いなのですね。

家庭用プリンターでいくつかの絵をプリントアウトしてみた結果、
存外に見られるものでありました。
昨今の機械の良さと、多分私のような何も考えてない人間でも
勝手にやってくれているソフトに先ずは感謝。

出来上がる絵に関しては目標があるのでまだまだ良くなってくれると期待しているけれど、
スピードに関してはどうだろう。
習熟に併せて増す事は今のレベルから言って全然期待できるレベルだけれど、
人間の手の動きって割と決まってる部類なので、
どちらかと言うと、伸び白に期待するよりも、
かかる時間は必要経費だと考えて算段するようにしてます。

一番の懸念事項だった絵の方がある程度の段階に来てるので、
最近頭を占めているのは創作そのものに関して。
創作そのものの意義に関しては私はコミニケーションツールの一環に過ぎないと
思ってますので、実際の内容についてあれやこれや考えてます。
おかげで情け無いことに実際のお話のほうの進みがやや牛歩です。



面白いと感じる事について考える事は幾分億劫だ。

(何でもそうだとおもうんだけど
感情に理屈をつけるのって感情サイドさんは良いと感じない)

億劫だけれども、道具を使う以上その道具への理解は深いに越した事はないのは、
何だってそうだ。

いつぞやの記事でモノマネ、ひいては似ていることに対して
どうして人は面白いと感じるかについて疑問だと書いたことがある。
そのときは考えれば自分の答えは見つかる予感はあるけれど、
考えたくないといった結論だった気がする。

今は状況が違って考えて損はないので考えてみた。
多分生命プログラムと淘汰の結果なんだと思う。
かっちょよさげな単語を使ってみた。

進化って言葉はその言葉自体がいかにも目的に対して
変化対応して行くという極めてポジティヴでアクティヴな響きを
感じさせる言葉だけれど、
実際の生命の進化は基本的には淘汰の歴史だ。
適応とは環境に合わせて生命が進化するのではなく、
環境に偶々適合したものが残った結果を適応でき進化したと見るのです。

進化云々は適当にしておいて、では何故似てることが面白いのか。
これはコミニケーションのためだと思います。
基本的に生き物は群れを作ろうとします。
何故ならば、そのほうが生存確率が上がるからです。
単細胞生物は多細胞生物に、多細胞生物は群れを作る。
群れを上手く構成する為の手段としてコミニケーションが存在します。
コミニケーションを取るために必要な事は共通認識が存在する事です。
例えば私達日本人同士なら、日本語と言う共通の約束事を使って
会話する事ができます。
つまるところ、共通の約束事をお互いが持ち合う場合に、
似てるということを面白いと感じられる方が有利である為に、
そう感じるのだと言う事なのです。
そしてそう感じる多数が群れを成し繁栄してきた結果なのだと考えます。

次の機会には何の面白さについて考えようか。
いないいないばぁについて考えよう。

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ