FC2ブログ

手間

1834

今のやり方にはロスが多い。

まず大体三十ページくらいに収まる程度にプロットを勢いで書く。

アイディアを文章で起こすので
その後今記事の絵のようにイメージボード的な落書きを挟んで
大体絵がどの程度要りそうであるかをぼんやり測る。

ようやくネームに取り掛かる。

といった流れ。
漫画勘が養われるまではこれまた必要経費だと諦めてます。

哺乳類を見てみて、一般的に小さな動物ほど寿命が短い。
そして小さな動物ほど心拍数が多く、合わせて呼吸の数も多い。
小動物と大型の動物のそれ=一生涯の心拍数を比較してみると
あまりかわらないんだとか。生物学のお話。

鼓動の数≒心臓の耐用年数が決まってるとはいっても、
長生きしたいのは生物の当然の願い。
激しく動くと身体のいろんなところが痛むし、
それだけ激しく呼吸をするほど、酸化も増えて錆びてしまう。
じゃあじっとしてよう?
中々そうはいかない。
じっとしていると、身体はなまりになまって早死にしてしまうそうだ。
健康には適度な運動が要るけど、動くほどに寿命は縮まる。
ジレンマ、健康のお話。

漫画の一ページ当たりのコマの数には目安が存在する。
コマを増やしすぎると読みづらいどころか読んでもらえなくなる。
しかし全体のページ数も決まっている事が多いので、
ただ大ゴマ連発とやると話が進まない。

聞いた話だけれど、何かを開発する際にはクライアントの欲求が存在する。
お金をこれだけ出しますので、
これこれの期日までにこれこれを作ってくださいってやつだ。
この欲求というのが頭を悩ませる物だったりする。
単に難解という感じではなく、
あちらを立てればこちらが立たずなお話であるケースがあるそうな。
前回の記事に登場した日本刀も実はそういったジレンマの塊。
基本的に刃物というのは切れ味をあげるほどに脆くなります。
そして物質自身も硬いほど脆くなります。
切れなくては困るし、硬さも無いと相手にダメージを与えられないが、
切れ味をあげすぎて刃先が簡単に欠けても困るし、
何かにぶつけた拍子に簡単に折れてもらっても困る。
丁度良い具合という折り合いを付けるのも十分労力が払われている
分野なのですねぇ。
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ