FC2ブログ

パソコンとワープロ

1881

勿論教えてもらえるのならば喜んで請いますが、
基本的には我流で描くと決めてますので、人様のやりようを
ネットサーフィンしてあれこれ閲覧することをしておらず、
現状のお絵かき業界の技術がどのような物かの真なるところは
正直わかりかねますが、個人的な認識のもと(いつもそうだけれど)
お話をしたいと思います。

お絵かきの世界はパソコンを用いられるようになってきて
割と日がたったかと思います。
絵と字は関係性が見られまして、ちょうど具合よく置き換えることが出来ます。
それはペンと紙、パソコンにモニターキーボードとの間に”ワープロ”なる物が
存在することです。
ちょうど携帯電話やピッチの前にポケベルがあったのと同じように、
割と便利なツールとしてどうやら広まったと見えます。
ワープロが何かといわれると、どうやらタイプライターの強化バージョンで
要するに”清書”するための道具であるのです。

この”ワープロ段階”が実は中々曲者のようでして、
今私たちが生きている社会ではパソコンが何処にでも転がってて、
触って当たり前の時代が来てずいぶんたった為、
IT時代も普通となったなぁと思われるかもしれませんが、
実際問題そうは問屋が卸してないようです。
何故ならば今のお偉いさん層はまだまだパソコンが普及してない時代から
バリバリやっておられる世代であります。
パソコンが進出する前のワープロと言う存在を実体験として
やっておられる世代であるとも言える存在のようで、
パソコンをワープロとして利用している事が実に多いのであります。
そのため、パソコンを導入することによって余計な手間が増えていることが
極めて多くなっているのが現代社会のひとつの姿であるように思えます。
本来のパソコンはそういった手間を代わってもらう為の道具でありますが、
これは実際のところはしょうがないことで、世代交代につれて
技術も革新しますのでそれを待つしかないという感じのようです。

勿論どの世界にだって最先端と最後尾が存在するわけで、
こうした話は実際のところ先端を走る人には未だFAXが存在する日本社会が
滑稽に映るのと同様に感じるかもしれませんし、
パソコンを導入しなくても旧来の業務形態を続けている所だって存在するでしょう。

さてさて絵も割りとこんな社会の構図を受け継いでおりまして、
現在のお絵かき世界はいわゆる”ワープロ”時代であると思ってます。
携帯電話で言うなら2000年代くらいだと思ってます。
携帯電話ってものすごい勢いで普及しましたので、
2010年代に生きる人にとって携帯電話を描くことに実体験を伴うことは
何の問題もないものですが、
ほんの10~20年くらい前の世紀末前後の時代ってドコモで言うならMOVAが多分
わーっと流行りだしてみんな持ち出した時期だったんじゃないかなぁと思いますが、
その頃って本当に流行の先端であって、持ってない人とかも普通に大勢いましたし、
特に創作活動をおこなう人などは創作活動に時間を割かれ勝ちであるようでして、
小説とか漫画とかで携帯を描ける人の方が少なくって、
2000年?くらいでも携帯電話を描くことができず、
苦肉の策で昭和後期チックな世界を描いた作品がとても多かったと思います。

それはともかくとして、何事にもタイムラグが存在する物のようだと言う事で、
私が期待しているのは現状のワープロとしてのCGじゃなくって、
パソコンとしてのCG的なお絵かきだったりします。
文字のワープロを実際に使ってた世代は私より上でしょうが、
私の絵は完全なワープロ的な絵でありまして、
上記と照らし合わせて見ると未来をどちらかと言うと他人様に
期待せざるを得ないかとも言えますが、自身がどうあれるかはともかくも、
ワープロ時代を乗り切って新しい技術世界が到来することを夢見てます。

1880

腕相撲やるんだろうがコラァ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ