FC2ブログ

アクション

2236

ブログにアップしてるReM/Hって漫画は
一応アクションの練習用に考えた漫画だったりします。
さて、絵そのものに関して最近気づいて始めた事があったりします。
それは一連の流れに関する絵のこと。
アニメーションや実写などは当たり前に存在するけれど、
漫画や写真には存在が飛び飛びになるのがこの一連の流れです。
それ云々に関するお話はさておき、
アクションなんかも頭の中にさえちゃんとあれば
後は漫画で実際にコマの中に描いてりゃ練習になるだろうと思って
描き出したわけなのです。
ところがアクションに限らず単独の一枚絵においても、
実際自身の頭の中のものを100%そのまま出力できるか、
あるいは逆に描かれたもので脳内を補完する事なんてのは
少なくとも私にとっては日常茶飯事なのであります。
どうして一枚絵でそうである事がシーンの流れでそうじゃないと言えるでしょう?

と、そんなわけで抽象化した模型人間で
動きの練習をするようになりました。こういうときにホワイトボードは
中々に有用です。
思い返してみれば絵にそれほど強い興味や将来を見込んだ事はありませんでしたが、
モノの一連の流れなんかには割りと興味があって
その流れを絵にする、なんてことはやったりしてたのです。
プロスポーツや武道とうのアクション、モノの動きには美を感じますし、
そうした流れを絵にすることによってその流れを体感できる気もするのです。

はっきりいって基本的にはフィーリングで生きてますので、
自分でふと気づいてセルフ目からうろこなんてことが
私の場合しょっちゅう起こり得ります。
利口な人間から見れば非効率的な生き方なのでしょうけど
まぁしょうがないことでしょう。こういうときにこそこの言葉が使えるのです。

「自分ぶきようですから」

大口を開ける

2235

少なくともブログ用の漫画での到達点というか
目標のひとつはスピードはネームで質はそれなり。読める程度。
小さいころから漫画描いてましてん見たな絶対的な経験値の差を考えると、
「それ以外で勝負!」だけで済むとは言えないことは想像に難くない。
だもんでそれを埋めてくれるであろうひとつがここの存在であり、
それを十分満たすためにはやっぱりある程度速度が欲しい。

ネームと同速度、となるとこれはもう質は放棄せざるを得ないから、
そうじゃない方法をとなると、工程で省ける量は少ない。
というか現状もう既にネームを切って拡大して新しいページに貼り付けて
その上から直接描いてるので工程レベルではちょっと絶望的。
そういう考えもあっての前記事本文となってくるわけでありまして。
理想はそこそこの、ページ数で言うなら30pのが一日で形になってくれる段階を望んでる。
そのためには質等の落とし所を明確にして最適化する必要が
今の自身の画力と照らし合わせると出てくるわけで、それが前記事のタイトルとなる。

考えると些か憂鬱で口をワーって開けたくならないでもないけれど、
取りあえず置いておいて湯船に使って全く別の何か良い感じの話を考えよう。
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ