FC2ブログ

既視感

なんどかここで言ったかも知れないけど、
(これはただの記憶力欠乏症)
私はデジャヴュ人間です。
と言ってもそんなに頻繁に起こるわけでもなく
精々週に一二回程度の割合です。
大抵のデジャブのお話は違和感を伴うようですが、
慣れっこになるとそんな違和感もなくなるわけです。

ロマンティスト的に、或いはSFファンタジー漫画等々、
考えてみるならば、
我々は、
沢山ある平行世界、或いはただある劇を
演じてるだけのアクター。

リアリストで考えるなら、
経験を記憶している場所と、
今現在を記憶して書き込む、あるいは
リピートしながら覚えている場所が近くて、
書き込み作業があたかも記憶を引き出しているように
感じているにすぎない。

コウモリ的に考えるなら、(どっちつかず大好きです)
私たちが知覚、観測している時間は正方向にすぎず、
時間すらも流動的、或いは我々の観測によって
切り取られているだけの単位にすぎない。
よって実際はもっとユラユラ揺らいでいるのだ。

基本的に寝起きモードはやりたい放題です。
脳みそが活性化してないので、自制が薄いです。

ここで文章は終わるつもりで書いてきました。
しかし私は思い出してしまった。
手短に二つ。

ひとつ、絵をジャンルに分けろとのこと。
なるほどと思ったけれど、
本当はジャンル分けるとか嫌いだしめんどくさいしー
って言ったらブログとしては分けたほうがよろしいと
一言で説得されたので、分けようかなとも思ってます。
どんなジャンルわけにしようかな。
なんかいいのないかな。
めんどうくさいな。
適当に描いてきてますから、ねぇ。

ふたつ、その絵そのもの。
ナンも考えて無いように言ってますが、
ごめんなさい描いてるときは何も考えてません。
ともかく絵の方向性なのですが、
どの程度自分を出力して描けば良いのか、
これも少し悩みの種となってきます。
今年に入ってから少し感覚的なところを
濃く出力された絵が増えてきてますが、
これをどうするか。
大抵の人々は寛大なのでまぁどうでも良いんじゃね?
と思われるでしょうが、
何この絵?超キモイ、なんて言われてしまった日には
ショックで立ち上がれず、
きっと寝転んで
絵を描かなければならないことでしょう。
ああ、なんて恐ろしい。。

どんな絵にしていこうかなぁ。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このマンガが読みたい!

ファンタジー漫画ファンタジー漫画(ふぁんたじーまんが)とはファンタジーを題材とした漫画作品で、現実とは異なった空想世界を舞台としたり、または魔法や幻想的な要素を含んだ漫画のジャンル。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia-

comment

Secret

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ