FC2ブログ

無人列車

99:ディーゼル列車走るたび赤字


人生ゲームを寄り合ってやった。
ボードゲームの人生ゲームは初めてだったけれど、
大味でなんとも面白かった。
銀行役を受け持ったけれど、中々楽しいものだ。

他人のFc2ブログのなかでちらりほらりと
自分のようなイラスト練習の軌跡を追った
物がそこそこあるわけです。
そういうところを見ると上手くなってるのが
見えてとても面白い。
自分のとこもそうありたい。

諸君、私は本が好きだ。
読むジャンルはほとんどが小説。
本はエンターテイメントであるべきと思ってるので
ノンフィクを読むには理由が必要だ。
傑作というわけではなく
純粋に自分のベスト本というのは
読んでて存在する。
いわく何度も読み返せる本だ。
思いつくさまいくつかあげたいと思う。

・童話物語(向山貴彦)
超分厚い。ファンタジー系。くそ面白い。
睡眠時間を削って読む本。大作。

・西の魔女が死んだ(梨木香歩)
すぐ読めてしまう。児童文学寄り。くそ面白い。
一気に読める。描写が上手い。売りであるラストは
確かにヤバイ。感動系。

・空色勾玉(荻原規子)
波長がミラクルフィット。ファンタジー系。超面白い。
古代日本が舞台。児童文学系?わくわくしながら読める。

・スキップ(北村薫)
普通の小説。危険なくらい面白い。読みやすい。
量質ともにスタンダード。勧めるならコイツ。

・脱走と追跡のサンバ(筒井康隆)
筒井系。間違いなく万人にお勧めできない。
人生で初めて読んだ小説。これで読書人生が狂った。

・笑うな(筒井康隆)
最近読みなおしてこれぞ筒井と思った本。
短編集。筒井を最初に読んでもらうならこれかな。
筒井康隆ははまればはまってしまう作風。

・笑わない数学者(森博嗣)
ミステリィ。推理物はあまり好きじゃないけど、
森博嗣は大好き。推理物として読んでいない。
ほかにもっと面白いのはあるだろうけど、
この話のラストが好き。このシーンのために書いたのでは
とさえ思ってしまう。

・窓際のトットちゃん(黒柳徹子)
細かいことを考えさせないくらい面白い。
ワクワクできる本。

とりあえずこんなところで。
物語が好きで本を読む人ならば、
エンジョイできるかもしれない。
人に勧めるには主観の押し付けしかないので
とりあえず自分としてこれは大好き、という本たち。

tag : イラスト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神の守り人 (偕成社ワンダーランド)

12才の少女アスラに宿ったのは神なのか。かつて人々が戦に明け暮れるとき圧倒的な力をもって戦人を殺し戦をなくし老いるまでその力によって百年国を支配した者。恐怖の時代か平和の時代か時がたち今ではさだかではない。その力が再び訪れる。少女アスラに。来訪編ではバ...

comment

Secret

ブーツと、目と、遮断機のランプが好き。
輪郭強調もいい味。

輪郭強調ですか
言いえて妙な日本語ですね

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ