FC2ブログ

ラグ

1844

詳しい人などは違うよなどとおっしゃろうけれど、
民主主義などと言うものは言わば多数決でありまして、
その為に皆々の意見をくみ上げる必要性がございます。
でありますので、母体が大きくなればなるほどに、
決定速度が下がるのはこれは道理であります。

お話は何も政治に限らず、経営においてもそのようでございまして、
小さな会社ではスピード感を持って挑める変革も、
大きな会社になりますとコレが中々同じようにはいかない。

熱の伝わり方と同じようなものでございましょう、
小さなものほど簡単に変わりやすいものなのでございます。

ちょっと前に中国で日本企業が討ち入りにあった、などというニュースを
耳にした記憶があります。
それと話は前後いたしますが、これは十年ほど前の記憶でございましょうか。
私が今よりも尚世間知らずであった頃のことでございます。
個人で経営をしているという人の話を伺う機会があったのでありますが、
その方のお話では、中国と言う国は文化の違いからか、
個人的に付き合う分には違いを尊重すれば友好を結ぶのに難しくはないのだが、
こと仕事となると難しいものがあると言うお話でありました。
丁度その頃、世界の工場としての中国と言うイメージが
広まってる感じを受けておりましたので、
これも言わばタイムラグのお話でございましょう。
最も、リスク云々言うのは容易いでしょうが、
現実問題としてこのグローバル社会において世界総人口の二割近い数を保有する国が
発展段階にある以上、儲け話も同じ数だけあるのでありましょうから、
恐らくはそういったリスクとリターンを天秤にかけて
世の大経営者達は様々な行動をおこなっているのでしょう。

話が多少それましたので戻しますと、
タイムラグという存在はとても興味深い存在です。
究極的に言ってしまえば、私達の存在全てはどうやらタイムラグの産物であるようです。
そこまで言ってしまえば、頭のいい人の大好きな分野である観念的なお話になりがちで、
私はあまり趣味ではありませんのでもう少しロマンチックな話にシフトいたしますと、
よく語られるのは夜空の星でしょうか。
望遠鏡を良いのにすればするほど遠くが見えます。
とても遠くを見られる望遠鏡を使って、100億光年彼方を見るとまで言います。
まるでこの言葉だけ聞くと、こちらが遠くの世界まで覗きに行けるように
感じてしまいますが、やはりそれは勘違いに過ぎず、
遠路はるばるやってきた光をキャッチしているというお話のようです。

comment

Secret

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ