FC2ブログ

護送船団

3385

サービス業のアルバイトというのは、
学生時代に経験する割とメジャーな部類の体験ではないでしょうか。
そこでは接客マナーなども当然習うと思いますが、
気にしない側の人間であったならば、
それは何としょうもない事なのだろうと感じるかもしれません。
当然、客と店の立場の差は単純に立場の差なので、
そう思う人が客側にもいるわけですが、
全く同様に、そうじゃない人も客側に居るわけなのです。

完全に余談ですが、この単なる立場の違いってのが
あんまり意識されなかったせいで日本は二十年、
経済的に停滞しちゃったのかもしれませんね。
経済的に停滞ってピンときません?
身近な道具で考えてみてください。
二十年前の携帯と今のスマホを比べてみてはいかがでしょうか。
道具(技術)は進歩してるのに、生み出すものが変わってないってのは
これは大変な事じゃないでしょうか?

寄り道話の中に寄り道を混ぜるからわからん言われるんかなー。
全体でみると寄り道×3だからなおさらかもね。

接客マナーとか社会人マナーとかもっと言ってしまえば
マナーなんてものは、はっきり言ってしまえば”気にする人用”の対策なわけです。
世の中には、ある事柄に対して気にする人と気にしない人が必ずいて、
声を上げるのは当然気にする人なのです。
色々ディスられるくだりで使われることも多そうな『護送船団方式』ですが、
使われてるのにはやっぱりそれなりに意図があっての事なんですね。

さてようやく本題=絵・創作関連。
私は一応キャラの造詣にはゲームのアバターのごとき
いくつかのパターン分けを導入してたりします。
細かい描き分けなんてできませんからね。
目なら”大きい””小さい”とか色とか”〇””▽””□”みたいな。
絵に描かない設定なら後付けすれば良いでしょうけど、
絵に描く場合は一応決めとかないとしようがない。
ところで、私は本当の意味で人の特にパーツに目が行ってないらしい。
例えば身近な両親の目の形だって適当だ。
ざっくり言ってしまえば父方はインディアンみたいな人らで
目立つお鼻と目の上皺まみれみたいな二重な感じのイメージはあります。
目に関して実際には、そこに細目というファクターが付くらしいです。
最近イトコがその特徴を口にして私は初めて腑に落ちたわけです。
なるほどなんか皺まみれっていう印象は、
二重のラインと細目のラインからきているものなのか、と。
(人の顔の捉え方はこんなぼんやりしたものなので、
多分私の描く絵もまた、どこかぼんやりしてるのでしょう。
自分ではわからない)

ちなみに母は奥二重で黒っぽいイメージがありますから、
多分目は細い方なのでしょう。
足して割って出てきた私は何故か細目ではありませんでしたが、
父親は赤ん坊の私を見て”目ばっかり”とか思ったそうな。
ただし、これはあくまで相対的なお話で、
細目から見れば見開いた目が殊更大きく見えたと言う事なのかもしれませんね。

今回は余談と見せかけて本筋である
『何を指標に見ているか』と『護送船団と準備』ってのが
絵というか私の考え方の一端のシェアな作文でありました。

comment

Secret

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ