FC2ブログ

663:寝る前に浮かんだ情景

髪の毛と顔の美しさは反比例する。
男性の話である。
しかし極論すぎるので些かに乱暴だし
偏見に満ち満ちている気もするので、
表現を変えなければならないだろう。

サンプルは極めて少ないけれど、
女性的で美しい髪の毛の持ち主の
仕草のそれもまた女性的で
体系もすらりと女性的である人であるというのは
大体同じで、さらに共通項として
顔は女性的で無い場合が多い、というか見たことが無い。
かといってムサイ感じであるかというと
勿論そういうわけでもなく、
良くも悪くも大体中性的な顔立ちである。
中性的って聞くと何だか美に直結する感覚があるけど、
そういうわけでもなかろう。
多分童話のエルフやら
性の分化が顕著ではない子供時代の中性さから来る
錯覚なんだろう。
個人的見解を歯に衣着せぬ言い方すれば
中性顔とは狐顔だと言っちゃえるんだけど
それだと語弊がありそうなのでこうしてモゴモゴ言ってるわけなのです。
別にキツネだとかウマだとかネコだとか言う話をしたいわけでも、
顔がきちゃないから髪の毛を美しくするとか、
女性への変身願望のみだとか括りたいわけでもなくって、
女性的な髪の毛を持つ人の顔が女性的ではなく、
中性的な顔であるというのは、
勿論これまでのサンプルが偏っていただけで、
実際はそうでは無い可能性は十分けど、
今回はそうではない前提でもう少し考えを進めたいわけだ。

といってもそれほど大したことでもなくって、
顔が女性的なら髪の毛を女性的にするまでもなく、
中性的であるからこそ、
どちらにでも転べるという選択肢を持ちうるのではと言うだけなのです。
幸か不幸か個人の自由度もある程度権利として成り立っているので、
表に出さない限りは個人の最大の自由な場所である脳内において、
似合ってねーよとか思ったりしても、
そう思う自由と同様に、その存在もまた有り得るのである。

面白い話になるかと思ったけどそうでもなかった。
最大の理由は、実際のところ
似合ってねーよって言う気持ちよりも
まぁいいんじゃね?って方が強いのと、
正直考える前に結論が浮かび上がる類の問題だしで、
相まってサッパリだったというわけです。

面白くするには立場をどちらかよりにすべきだと思ってます。
例えば今回の事例なら、
面白おかしく揶揄するか(お笑い系のスタンスか)、
擁護の立場に立って頑張る(喜劇)といった感じ。
中立、両者に言い分はあるってのは
実際のところ大抵そうなので、
その拮抗を崩そうとするところに面白さが生まれるんじゃないかなーと
今考えました。
ハハ底が浅いですか。
いつもそうさ。

comment

Secret

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

でき

Author:でき
----------------------
マンガ準備中な社会人
----------------------

----------------------

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

漫画用アルバム一覧
最近の記事
最近のコメント
過去絵抜粋
リンク
ブログ内検索
フリーエリア
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへ